HOME » 視力検査の基本的な知識 » 視力検査について詳しくなりましょう

視力検査について詳しくなりましょう

視力検査の基礎知識

眼科で行なう視力検査には、様々な種類があります。そんな中「これって何の意味があるの?」って思った検査はないでしょうか。たとえば、赤と緑のシートをみてどちらがくっきりみえるか検査したり、目を開けて気球の写真を見つめたりといった検査をしたことがある人は多いと思います、ここでは、そんな視力検査の流れや意味を紹介していきます。ここで行なわれる検査は、視力回復のために非常に重要です。

視力の種類

視力には、複数の種類があります。中心視力と中心外視力、遠見視力と近見視力、そして、裸眼視力と矯正視力です。このうち、眼科で視力といえば遠見視力のことを指します。よって、眼科で行なう視力検査といえば、遠見視力と近見視力の2つを主に調べることになります。

ちなみに、その前に行なう検査としてオートレフラクトメーターという機械を用いたチェックがあります。これは、眼球の光学的特性の検査に用いられ、禁止・遠視・乱視などをチェックできます。その具体的な検査方法は、機械に顎を乗せ、レンズの先に写っている画像(主に気球の絵)をみるだけで調べることができます。

視力検査は検眼表を用いて調べる

視力検査の方法について説明しましょう。

視力検査に用いるのは、検眼表といいます。この時、検眼表に描かれているランドルト環のどこに穴が開いているか、何の文字が書かれているかを片目ずつで検眼表をみて答えていきます。これが一般的な視力検査です。

この時、検眼表から5メートル離れて行なうのが遠見視力の検査であり、30センチの至近距離で検査するのが近見視力検査です。この検査は、一番大きな0.1の度数から始まり、同じ大きさのランドルト環及び文字を3つ以上判読すれば1段階高めの度数に移行します。裸眼視力が1.0以上で良好とされ0.7未満だった場合は別の検査で目に病気がないかどうか確認します。

正しく検査するために

ここでは、正確な視力を測るために必要なことを紹介します。ここで紹介されていることは、基本的に眼科ならばきちんと指摘を受けるので、個人で行なうのでなければ少し意識する程度でも大丈夫です。

  • 目を細めない
  • 前かがみにならない
  • 片目だけでみることを意識する
  • 正直に答える
  • しかし、「何となくそんな気がする」という判断でも自分なりの見解を答える

いろいろな疑問

ここでは、視力検査のちょっとした疑問にお答えします。

あの赤と緑のシートは?

視力検査の時に、赤と緑のシートをみて「どちらがみやすいか」と聞かれたことがないでしょうか。あれは、メガネやコンタクトレンズを付けた時にレンズが適正な度数かどうかを確認するための検査です。同じくらいか、どちらかといえば赤が鮮明にみえる程度ならば適切です。

視力検査で空気がプシュッとなる検査は?

視力検査で目に空気を当てられる検査をしたことがある人は多いと思われます。あれが苦手だという人も多いのですが、あれは実は非常に重要な検査です。あれは眼圧検査といい、緑内障などになっていないかをチェックするための検査です。もし、緑内障になっている場合、早めに治療しないと失明するそれがあるため、あの検査は非常に重要です。

放射線の視力表の意味は?

ダーツ盤のような放射線状に数字がかかれている検眼表で視力検査をしたことがある人は多いと思われます。あれは、放射線テストといい、線が濃く見える箇所や薄く見える箇所がないかどうかをチェックし、乱視の有無を調べるテストです。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較