HOME » 視力検査の基本的な知識

視力検査の基本的な知識

そもそも、視力って何?

視力とは、その名の通り「視る力」のことですが、視力には2種類あるということをご存じですか?一つは、止まっているものを視るための静止視力であり、もう1つは動いているものを視るための動体視力です。この2つは似て非なるものであり、目の悪い人でも動体視力が優れている人が多いです。スポーツ選手にこのような傾向が多いです。なお、我々が視力検査で検査するのは、この内の静止視力のみです。

検査方法は2種類ある

視力検査の基本は、よく眼科などで行なうおなじみのアレです。Cの時のような形のもの(ランドルト環といいます)が次々に表示され、どの方向に穴が開いているかというのを見ていくものです。

この視力検査は、実際には2種類あります。1つは、5メートル離れたところから検査を行なう遠視力検査であり、もう一つは30センチ先のランドルト環をみて検査する近視力検査です。こちらは主に老眼検査の目的で行なわれます。

もし異常が見つかったら

もし、視力検査で裸眼でも0.7以下の度数の場合、精密検査を受けて目のチェックを行ないます。主に、眼底検査や超音波検査を行ない、白内障や緑内障などになっていないかなどを調べ、日常生活に支障が出ないようにメガネやコンタクトレンズの装着を勧められます。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較