老眼

老眼になるメカニズムや原因、老眼を予防・改善する方法などをまとめています。

老眼とはどんなもの?原因は?

老眼のイメージ図
画像引用元:メガネ・ポータル公式サイト(http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/lens/eyesandlens2.html)

目の老化現象で、近くのものに焦点が合いづらくなったり、近くの小さな文字が読みにくくなったりする状態のことを老眼といいます。一般的に、40代頃から始まることが多く、60代半ば頃まで症状が進行します。最近では、20代や30代から老眼になる人も増えているそうです。

近くのものを見る時、レンズのような役割をしている「水晶体」は薄くなり、ピントを調整する働きのある「毛様体筋」という筋肉が緩みます。しかし、年齢を重ねると共に水晶体が硬くなって機能の低下が起こり、毛様体筋も衰えて調節力が低下するため、近くにピントを合わせるのが困難になるのです。

具体的に「スマホや携帯電話の文字が読みにくい」「本や新聞の文字は遠ざけないと見えない」などの症状が現れます。

老眼を予防・改善する方法は?

老眼は、目の老化によって、誰にでも起こってしまいます。しかし、水晶体の厚さを調節している毛様体筋を鍛えることで、進行を遅らせたり、予防することができるのです。目の筋力低下が原因で起こる症状には、眼筋のトレーニングがおすすめ。また、普段の生活や食事に気を付けることも、老眼の予防・改善につながります。

遠近トレーニング

近くにあるものと遠くにあるものを交互に見ることで、毛様体筋を鍛えるトレーニングです。目の前に立てた人差し指と、その先にある遠くの建物などを、1秒おきに交互に見ます。

近く→遠く、遠く→近くを1セットとして、1日20セットほど行いましょう。効果を実感するためには、毎日継続して行なうことがポイントです。

眼球トレーニング

眼球の周りにある筋肉をストレッチすることで、目の疲れやピント調整機能の衰えを改善するためのトレーニングです。

顔はそのまま動かさずに、目だけを上下、左右、斜め方向、円を描くように右回り・左回りにそれぞれ動かします。1日5セットを目安に取り組んでいきましょう。

目に良い食べ物・サプリ

目の健康を保ち、老化を遅らせるために、目に良いとされる栄養素を積極的に摂るのも効果的です。老眼予防には、優れた抗酸化力のあるルテインやビタミンCがおすすめ。ルテインは、ほうれん草といった緑黄色野菜に多く含まれ、ビタミンCはフルーツや野菜に含まれています。

紫外線対策をする

水晶体が硬くなってしまう要因の1つに、紫外線による活性酸素の発生があります。水晶体の硬化を防ぐためには、目にできるだけ紫外線を入れないように心がけてください。

外出する際は、UVカットできるサングラスや帽子などを着用しましょう。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較