老眼

老眼になるメカニズムや原因、老眼を予防・改善する方法などをまとめています。

老眼とはどんなもの?原因は?

老眼のイメージ図
画像引用元:メガネ・ポータル公式サイト(http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/lens/eyesandlens2.html)

目の老化現象で、近くのものに焦点が合いづらくなったり、近くの小さな文字が読みにくくなったりする状態のことを老眼といいます。一般的に、40代頃から始まることが多く、60代半ば頃まで症状が進行します。最近では、20代や30代から老眼になる人も増えているそうです。

近くのものを見る時、レンズのような役割をしている「水晶体」は薄くなり、ピントを調整する働きのある「毛様体筋」という筋肉が緩みます。しかし、年齢を重ねると共に水晶体が硬くなって機能の低下が起こり、毛様体筋も衰えて調節力が低下するため、近くにピントを合わせるのが困難になるのです。

具体的に「スマホや携帯電話の文字が読みにくい」「本や新聞の文字は遠ざけないと見えない」などの症状が現れます。

老眼になる年齢

日本人の場合だと40歳を過ぎたあたりから症状が現れて、45~50歳で「自分は老眼だ」と認識する人が多いようです。

私たちの目は何かを見るとき、目の中にある水晶体の厚さをでピントを合わせています。そんな水晶体の周りには、毛様体筋という筋肉があり、その筋肉が伸縮することで水晶体の厚みを調節しているのです。

しかし、老化に伴って水晶体は硬くなり、毛細血管の筋力も弱まってしまいます。そのため、水晶体の厚みを上手く調節できない「老眼」になってしまうのです。

そもそも水晶体は赤ちゃんの頃が最も柔らかい状態だと言われており、年齢を重ねていくうちに硬くなっていくもの。世間的に「若い」と言われる10代でさえ、すでに水晶体の硬化が始まっているのです。結果、目のピント調節機能は低下していく一方…。水晶体の老化は、生まれたその日からスタートしていると言えます。

老眼の初期症状

老眼の初期症状としては次の4つです。

  • 小さな文字はちょっと離した方が見やすい
  • ピントが合うまでに時間がかかる
  • 夕方になると文字が見づらい
  • 長時間運転すると近くのものが見えづらくなる

40歳を過ぎたあたりの頃から、遠くから近くへ視線を移動させるとすぐに焦点が合わずに、ぼやけてしまう人も多かったのではないでしょうか。

初期症状は他にも、読書をしていて顔を上げたとき、周りの背景にピントが合わなっかたり、暗めの場所で文字が見えなくなったりと多くあります。

さらに、最近ではiPhoneやスマホが普及して、老眼の症状に悩まされている40歳以下の人が増加傾向にあるのです。早い人では20代後半から老眼の症状を感じる人も…。

老眼の症状を放置していると、肩凝りや頭痛、吐き気などを引き起こしてしまいます。

老眼の進行を遅らせる方法として、遠くと近くを繰り返し見るという行動を繰り返す「遠近トレーニング」をやってみると良いでしょう。

老眼のチェック方法

ここでは老眼のチェック方法をまとめています。当てはまるかどうか、確認してみてください。

2つ以上当てはまったら、老眼の初期情報がかもしれない…

  • 夕方になると文字が見えづらくなる
  • 目の疲れや肩こり、頭痛がする
  • 食事や会話の時に自然とメガネを外すようになった
  • 書物を読むときに離して見る様になった
  • 対象物が急に近くなるとピントが合わない

2つ以上当てはまったら、老化が進行しているかも…

  • 薄暗い場所で書物を読めない
  • 携帯やスマホの文字入力が急激に遅くなった
  • 文庫本などの小さな文字を読むのが辛くなってきた
  • 眼鏡を離すと文字が見えやすい
  • 見える景色が鮮やかではなくなった

いかがでした?あなたはいくつ当てはまりました?「老化が進行しているかも」の項目で2つ以上当てはまった方は、とりあえず眼科に行き相談して見ると良いかもしれません。

スマホが原因の老眼とは

スマホが原因でなる老眼のことを「スマホ老眼」といいます。40代がなる通常の老眼ではなく、スマホ世代の20~30代に多いのが特徴です。主な多い症状として「手元の文字が見づらくなった」「近くのものにピントが合わない」「視界がぼやける」といった、老眼と近い症状が見られます。

主な原因としては、目の周りの筋肉によるバランスの崩れです。目の周りには6本の外眼筋という筋肉が存在。6本全てバランスよく活動してくれればいいのですが、何かしらの理由でバランスが崩れてしまうと、「物が2つに見える」「眼精疲労になる」など、最悪なケースに陥ってしまうことも考えられます。

「老眼と何が違うの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、スマホ老眼は筋肉が緊張する状態が続き、ピントが合わなくなる状態。対して、老眼は加齢によって目の筋力が弱まってしまい、近くののものにピントが合わなくなる状態のことを指します。

日頃からできる注意点として、スマホやパソコンの「画面の明るさ調整」「読みやすいフォントサイズ設定」などといった、工夫で目の疲れは違ってくるため、意識してみるといいかもしれません。

スマホ老眼の改善方法として、簡単な「眼球エクササイズ」を取り入れてみるのも◎です。

  1. 目を上下、左右に5秒かけて動かします
  2. 目をぐるりと一周させます

これを数回繰り返すことで、ピント調整力の回復効果が期待できるので、ぜひためしてみてください。

老眼を予防・改善する方法は?

老眼は、目の老化によって、誰にでも起こってしまいます。しかし、水晶体の厚さを調節している毛様体筋を鍛えることで、進行を遅らせたり、予防することができるのです。目の筋力低下が原因で起こる症状には、眼筋のトレーニングがおすすめ。また、普段の生活や食事に気を付けることも、老眼の予防・改善につながります。

遠近トレーニング

近くにあるものと遠くにあるものを交互に見ることで、毛様体筋を鍛えるトレーニングです。目の前に立てた人差し指と、その先にある遠くの建物などを、1秒おきに交互に見ます。

近く→遠く、遠く→近くを1セットとして、1日20セットほど行いましょう。効果を実感するためには、毎日継続して行なうことがポイントです。

眼球トレーニング

眼球の周りにある筋肉をストレッチすることで、目の疲れやピント調整機能の衰えを改善するためのトレーニングです。

顔はそのまま動かさずに、目だけを上下、左右、斜め方向、円を描くように右回り・左回りにそれぞれ動かします。1日5セットを目安に取り組んでいきましょう。

アイトレ

アイトレとは「アイパワートレーニング」の略称で、眼球トレーニング専用機器のことです。ヘッドホンのようにこめかみに取り付けて使用します。取り付けた機械からは目の筋肉をほぐし鍛える「低周波」が出る仕組み。眼精疲労への効果はもちろん、進行性の老眼にも効果を発揮するのが魅力です。治療と違ってダウンタイムや副作用などのリスクがないのも嬉しいポイント。メリットいっぱいの「アイトレ」ですが、実際どれくらい視力回復効果があるのか気になりますよね?そこで、効果と料金、所要時間や継続期間などの情報をまとめました。本当にリスクがないのか気になる人のために、アイトレのメリットとデメリット、使用者の口コミなども紹介しています。

どんな視力低下にも効果的な最新機器「アイトレ」の情報はこちら

目に良い食べ物・サプリ

目に良い食べ物と言えば「ブルーベリー」が代表的ですが、老眼を助ける食べ物はたくさんあるんです。ブルーベリーをはじめとするベリー系食品は、老化と共に減少する視細胞「ロドプシン」の働きを活性化させる働きを持ちます。魚の卵やかぼちゃ、小麦胚芽などは、視細胞の老化を防いでくれる優れもの!抗酸化作用を持つ野菜や果物も、老眼から水晶体を守ってくれます。目に良い食べ物に含まれる成分の働きを知って、適切な調理法や効率的に摂取できるサプリメントについて学んでいきましょう。

老眼に効く食べ物やサプリメントに含まれる成分はこちら

レーシック

レーシックとは、特殊なレーザーで視力異常の原因となっている角膜だけを削る手術です。近視や乱視、遠視など、光の屈折が原因の視力異常なら良く見えるようになりますが、水晶体や毛様体筋の低下が原因の老眼にはあまり効果がありません。近視と老眼を併発している人がレーシックを受けた場合は一時的にピントが合いやすくなるものの、老眼は進行性なので視力はすぐに低下します。

紫外線対策をする

水晶体が硬くなってしまう要因の1つに、紫外線による活性酸素の発生があります。水晶体の硬化を防ぐためには、目にできるだけ紫外線を入れないように心がけてください。

外出する際は、UVカットできるサングラスや帽子などを着用しましょう。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較