ドライアイ

ドライアイを引き起こす原因や、症状を改善するための方法などをまとめています。

まずは原因から知ろう!ドライアイとは?

ドライアイのイメージ図
画像引用元:santen(http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/dryeye/)

ドライアイとは、涙の量が減り目が乾いてしまい、目の痛みや不快感といった症状を引き起こす状態です。

あまり聞きなれないと思いますが、ドライアイの主な原因の8割以上は「マイボーム腺」と言われる部分の異常です。マイボーム腺は、上下まぶたの裏側やまつ毛の生え際に多い皮脂腺で、まばたきをする度、少量の油を分泌しています。

マイボーム腺から分泌される油は、涙の蒸発を防ぐバリアの役割をしているため、目の保湿のために欠かせません。

ところが、その油が分泌されなくなったり、質が悪くなったりすると、すぐに涙が蒸発してしまい、ドライアイになってしまうのです。

マイボーム腺が機能不全になる原因は、長時間のパソコン作業やスマホ使用によってまばたきの回数が減り、マイボーム腺から油が分泌されなくなることが挙げられます。

また、油っぽいものを中心に食べてばかりいると、マイボーム腺からも質の悪い油が分泌されやすくなるそうなので、食生活も注意してください。

ドライアイを改善するにはどうしたら良い?

ドライアイになると「目が乾いているから目薬で保湿しなければ」と考えがちですが、目薬では根本的な解決にはなりません。

ドライアイを改善するには、まず目に悪影響を及ぼす習慣や食生活を見直すことが大切です。その上で、ドライアイの改善が期待できる目のトレーニングなども取り入れていきましょう。

生活習慣・食生活の見直し

ドライアイを改善するためには、生活習慣や食生活を見直すことが大切です。

できる限り、パソコンやスマホの使用を控え、コンタクトレンズよりもメガネを着用してください。

食生活では、涙の生成に欠かせないビタミンAや、目の粘膜の正常化を助けるビタミンB2、目の血行を良くするビタミンEを積極的に摂取しましょう。ビタミンAはレバーやうなぎ、ビタミンB2は卵や納豆、ビタミンEはエビやイカに多く含まれています。

まばたき回復法

まばたきの回数を増やすことで涙の分泌を促して、目の機能や筋肉を正常に保つためのトレーニング方法です。

初めに、まばたきを10~20回してから、目を閉じて5秒間休むのを5回繰り返します。

続いて、強く目を閉じて3秒間、目を見開いて3秒間、これも同じく5回繰り返してください。毎日継続して取り組み、大切な目を乾燥から守りましょう。

蒸しタオル

温かい蒸しタオルで目を温めると、マイボーム腺の機能を高める効果があります。

仰向けに寝転がった状態で、人肌より温かい位の温度(40℃前後)になった蒸しタオルを、まぶたの上に10分ほど置いて過ごしましょう。

目が疲れた時に行なうのがおすすめ。ドライアイの改善が期待できます。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較