目の疾患

緑内障や白内障といった目の疾患について、原因や症状、改善する方法を紹介します。

代表的な目の疾患について

目の疾患には多くの種類があり、その症状も様々です。代表的な目の疾患には、緑内障白内障が挙げられ、そのまま放置しておくと悪化する恐れがあります。少しでも異変を感じたら、早めに眼科を受診しましょう。

緑内障とは

緑内障のイメージ図
画像引用元:santen(http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/glaucoma/)

緑内障は、眼圧が上昇することで視神経が侵される病気です。視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりするなどの視野障害が起こります。

症状が進行すると、失明に至る可能性もあるため、早めに治療することが重要。発症する原因は、加齢や目の怪我によるもの、先天性のものと、様々な要因が考えられます。

また、近視の人は、正視の人よりも緑内障になるリスクが2倍以上高いのだそう。それに加えて、レーシックで視力を矯正しても、リスクを低減させることはできないようです。

白内障とは

白内障は、眼球内部にある水晶体が、白く濁ってくる病気です。主な原因は加齢ですが、糖尿病などの全身疾患や、目の怪我などによって、白内障が引き起こされる場合もあります。

白内障の主な症状は、視力の低下、視界のかすみ、明るい所と暗い所で見え方が違う、光をまぶしく感じる、など。濁ってしまったら自然に戻ることはなく、手術で治すことになります

緑内障や白内障の治療法は?

緑内障の場合、まずは眼圧を下げ、視野障害の進行を防ぐために、点眼薬による薬物治療を行います。点眼薬には副作用もあるため、少しでも異変を感じたら、すぐ担当医に相談してください。

それでも眼圧が十分下がらない場合や、視野障害がかなり悪化している場合には、レーザー治療や外科手術が必要になることもあります。

白内障の場合は、症状の進み具合によって異なり、初期の段階では、進行を抑える点眼治療が中心です。日常生活に支障が出るほど、白内障が進行した時は、濁った水晶体を取り除いて、人工の水晶体である「眼内レンズ」を挿入する外科手術を行います。

最近では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除く「超音波乳化吸引術」という術式が主流です。手術後は、ある程度の視力回復が見込めます。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較