目の疾患

緑内障や白内障といった目の疾患について、原因や症状、改善する方法を紹介します。

代表的な目の疾患について

目の疾患には多くの種類があり、その症状も様々です。代表的な目の疾患には、緑内障白内障が挙げられ、そのまま放置しておくと悪化する恐れがあります。少しでも異変を感じたら、早めに眼科を受診しましょう。

緑内障とは

緑内障のイメージ図
画像引用元:santen(http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/glaucoma/)

緑内障は、眼圧が上昇することで視神経が侵される病気です。視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりするなどの視野障害が起こります。

症状が進行すると、失明に至る可能性もあるため、早めに治療することが重要。発症する原因は、加齢や目の怪我によるもの、先天性のものと、様々な要因が考えられます。

また、近視の人は、正視の人よりも緑内障になるリスクが2倍以上高いのだそう。それに加えて、レーシックで視力を矯正しても、リスクを低減させることはできないようです。

白内障とは

白内障は、眼球内部にある水晶体が、白く濁ってくる病気です。主な原因は加齢ですが、糖尿病などの全身疾患や、目の怪我などによって、白内障が引き起こされる場合もあります。

白内障の主な症状は、視力の低下、視界のかすみ、明るい所と暗い所で見え方が違う、光をまぶしく感じる、など。濁ってしまったら自然に戻ることはなく、手術で治すことになります

緑内障や白内障の治療法は?

緑内障の場合、まずは眼圧を下げ、視野障害の進行を防ぐために、点眼薬による薬物治療を行います。点眼薬には副作用もあるため、少しでも異変を感じたら、すぐ担当医に相談してください。

それでも眼圧が十分下がらない場合や、視野障害がかなり悪化している場合には、レーザー治療や外科手術が必要になることもあります。

白内障の場合は、症状の進み具合によって異なり、初期の段階では、進行を抑える点眼治療が中心です。日常生活に支障が出るほど、白内障が進行した時は、濁った水晶体を取り除いて、人工の水晶体である「眼内レンズ」を挿入する外科手術を行います。

最近では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除く「超音波乳化吸引術」という術式が主流です。手術後は、ある程度の視力回復が見込めます。

網膜剥離

網膜剥離は、眼球の内側の網膜が剥がれて、ものがきちんと見えなくなる病気のことをいいます。

網膜は、物を見みる際に光を察知して脳へと伝達する重要な組織なため、網膜が剥がれることで視力が低下していき、失明する可能性もあります。

網膜剥離の原因

網膜剥離は、加齢によるものや事故で頭部や眼球に強いショックを与えられたことが原因であると考えられています。

また、糖尿病網膜症を引き起こした際に発症することも。網膜剥離は、眼球の中にある硝子体と呼ばれえるゲル状の物質が、網膜の一部を引きずることで、網膜に裂け目ができることがきっかけになります。

この裂け目ができた状態で、適切な治療をせずに放置すると、裂け目からゲル状の物質がどんどん入り込んでいくため、最後には網膜が剥がれてしまうのです。

網膜剥離の治療法

網膜剥離の治療法ですが、網膜の状態によって方法が変わってきます。網膜に裂け目がある場合は、裂け目を塞がなければなりません。

そこで用いられる方法が、光擬固法です。まず、瞳孔から網膜にできた穴にレーザーをあてて焼いていきます。

レーザーをあてることで、裂け目の周りの網膜と組織が固まるため、開いた穴が埋まり網膜が剥がれることを防ぎます。

既に網膜が剥がれている場合は、剥がれた網膜を元に戻す方法を用います。網膜剥離の進行具合によって手術方法が変わってきますが、一般的に行われる手術は、硝子体手術や強膜バックリング法と呼ばれるものです。

まず硝子体手術ですが、白目に小さな穴をあけて

そこに器具を挿入して眼球内の出血や濁った硝子体を取り除いていきます。次に強膜バックリング法ですが、強膜にシリコンを押し付けることで、網膜に裂け目がある場所を内側にへこませる方法のことをいいます。

へこんだ状態のままマイナス60℃で冷凍擬固し、剥離した網膜を治療していきます。

網膜剥離の自覚症状

網膜剥離は、早い段階で治療するほど視力への影響が少なくなります。以下のような症状がみられる場合はいち早く眼科に足を運びましょう。

  • 急に視力が低下した気がする
  • 突然、目の前に黒いものがチラチラ見えるようになった
  • 暗い場所にいると、稲妻のような黄色い光が突然現れる

近視性黄斑変性

近視性黄斑変性とは、網膜の内側に血管が発生して出血やむくみを引き起こして視力に支障をきたすことをいいます。

これは、視力が0.1以下の強い近視により眼球が楕円形に変化することで網膜の間に隙間ができることから不良な血管を作ってしまうと考えられています。

強度近視による合併症のひとつで、近視を放置していると、発症する可能性があります。

近視性黄斑変性を引き起こす強度近視の原因

強度近視とは、眼球の前後方向の長さが通常の人より異常に長いため、目の前にものが来ないとハッキリ見ることができない状態をいいます。

おおよそ11cmほどまでのものしか見ることができないと考えられているようです。最も多い原因は、遺伝によるものです。

近視性黄斑変性の治療法

近視性黄斑変性は、症状の進行具合によって治療方法が異なりますが、血管内皮増殖因子阻害薬を目の硝子体に注入して、不良な血管を収縮させる方法などがあります。

血管内皮増殖因子阻害薬を注入することで、網膜内のむくみや出血を減少させる効果が期待できます。

近視性黄斑変性の自覚症状

  • 目の前のものでも近づけないとぼやけてしまう
  • 近視の症状がみられる
  • 家族の中で同じ病気をした人がいる

加齢性黄斑変性

加齢性黄斑変性とは、物を見る際に必要不可欠になる黄斑と呼ばれる組織が変化することで視力低下を引き起こすことをいいます。

黄斑は、目で見たものを刺激として受け取り脳に伝達する役割を担っています。

よって、黄斑が変化してしまうと、脳の伝達に支障をきたすため物がゆがんで見えるなどの障害が発生してしまうのです。

加齢性黄斑変性の原因

加齢性黄斑変性は委縮型と滲出型の2つに分かれます。まず委縮型ですが、加齢が原因で黄斑の組織が委縮してしまい、だんだんと視力が低下してしまうことをいいます。

急激に視力が低下することはなく、時間をかけて視力が低下していくことが特徴です。

一方滲出型ですが、網膜内にできた新しい血管が黄斑に障害を与えることをいいます。

新しくできる血管を新生血管と呼びますが、この新生血管は大変もろいため、出血や成分が漏れ出してしまうことが考えられます。この漏れた成分が黄斑にダメージを与えることで、視力が低下するのです。

加齢性黄斑変性の治療法

最も一般的なのが、近視性黄斑変性と同じく、血管内皮増殖因子阻害薬を硝子体の中に注入する方法です。

症状によっては、光に対応する薬剤を体内に取り入れて、その薬剤が新生血管に届いた瞬間、レーザーをあてて新生血管を壊す光線力学的療法や、光擬固法と呼ばれるレーザーを血管で焼いてしまう方法などが挙げられます。

加齢性黄斑変性は新生血管の発生により視力低下を引き起こすため、この新生血管を破壊することで症状を食い止めることができると考えられています。

加齢性黄斑変性の自覚症状

  • ものが歪んで見える
  • 全体的にぼやけて見える
  • ものの色がはっきりとわからずに、不鮮明に見えてくる
  • 見たい部分の中心部が黒く見える

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病が原因で網膜内の毛細血管に障害が起こる病気です。

自覚症状がほとんどないため、病気が進行していても気が付かないこともあります。

糖尿病網膜症の原因

糖尿病になると、血液中の糖分をうまく吸収できずに、血液中の糖分が多い状態が続きます。

すると、この糖分が血管に障害を与えて、血管が詰まり、出血してしまいます。血管が詰まると、栄養分を届けられないため新生血管が作られますが、新生血管は大変もろいため、出血を繰り返します。

この状態が続くと、視力の低下や視界がぼやけるなどの症状が出てきて、最終的には網膜剥離を併発して失明する恐れがあります。

糖尿病網膜症の治療法

残念ながら、糖尿病網膜症は完治しない病気ですが、治療によって症状の悪化を防ぎます。

まずは、糖尿病の治療と同じく血糖のコントロールから始めて、新生血管が発生することを防ぐためにも、レーザー光擬固術を用いて眼底を焼いていきます。

糖尿病網膜症の自覚症状

  • 目の前に蚊のようなものが飛んでいるように見える
  • 視野に黒いカーテンがかかっているように感じる

まとめ

視力が落ちるのを放っておくとなると、危険性のある疾患についてお伝えしました。

中には聞き覚えのあるものから、初めて知る疾患もあったかと思います。目の疾患の種類にもよりますが、早期発見をして、適した治療を受ければ視力低下を食い止めることができる可能性が高いです。

しかし、目に違和感を覚えながらも、治療をせずにただの老化だと思い放置してしまうと、気が付いたときには手遅れになることも考えられます。

目の見え方が少しでも変わったと思う場合は早めに検査を受けるようにしましょう。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較