子どもの視力低下

子どもの視力低下の原因や、視力回復に良いとされる方法などをまとめてみました。

子どもの視力低下で考えられる原因とは?

子どもの視力低下のイメージ図

子どもの視力低下の原因は、大人と違って複雑で、年齢や成長スピード、遺伝などによって、症状や原因はさまざま。

小学校入学以降、視力低下で最も多いのは「近視」だといわれています。

近視とは、遠くのものを見る時にピントが合わず、視界がぼやけている状態のことです。近年の子どもは、遠くの景色を眺めることが少なく、テレビや本を見るといった作業が生活の大部分を占めるため、近視が増えていると考えられています。

さらに、まだ成長過程にある子どもの場合は「遠視」や「仮性近視」も、視力低下の原因であることが多いようです。

遠視は、網膜よりも後ろに焦点が結ばれていて、近くにも遠くにもピントが合っていない状態です。仮性近視は、視力検査をすると視力が低いのに、詳しく調べてみると近視ではない、一時的な近視状態のような症状になります。

子どもの遠視や仮性近視は、目のピントを調整する力が弱いことから、起こる可能性が高いのだそう。発達スピードが影響しているとはいえ、そのまま放置しておくと症状は悪化し、視力の回復がしにくくなってしまいます。

「うちの子、目が悪いのかな?」と少しでも疑問を持った時には、できるだけ早めに対処することが重要です。

子どもの視力回復に良いとされる方法は?

まずは、子どもの視力低下の原因を正しく知る必要があるため、眼科を受診して詳しく検査してもらいましょう。その上で、目の状態に合わせた適切な対処が必要です。

また、目が成長過程にある子どもには、目の機能を高めるトレーニングが良いとされています。症状が定着してしまった人よりも、視力回復の効果が期待できるからです。

そこで、子どもの視力回復におすすめのトレーニング方法をいくつかご紹介します。

虹彩(明暗)トレーニング

眼球の内部にある「瞳孔括約筋・瞳孔散大筋」と「毛様体筋」を鍛えるトレーニング。ピント調整機能を高める効果が期待できます。

まず目を閉じた状態で、顔の近くに置いた蛍光スタンドの明るさを感じます。次に両手で目を覆って光を遮断してください。これを5秒間ずつ繰り返しましょう。

明と暗で1セットとして、1日10セットを目安に行なってください。

遠近トレーニング

眼球の内部にある「毛様体筋」を鍛えるトレーニングで、目のストレッチとしてもおすすめです。

目の前に立てた人差し指と、その先にある遠くの建物などを交互に見ます。近く→遠くを1セットとして、1日20セットほど行ないましょう。毎日続けることで効果が実感できます。

ビーズを使ったウインク視力回復法

片目ずつで集中してものを見ることで、目の機能を鍛えるトレーニングです。

色とりどりのビーズを用意して、その中から指定された色を取り出す方法で、どちらかの目を眼帯などで覆い、片目ずつ行ないます。

これなら、子どもも楽しみながら続けられるのでおすすめです。慣れてきたら、1分間で何個取れるかにチャレンジしても良いでしょう。

トレーニングの効果を実感するためのコツ

子どもの視力回復トレーニングは、いかに飽きずに続けられるかが大きなポイントです。長く続けなければ効果は現れにくいので、毎日楽しみながら続けられるように工夫しましょう。

もし「継続させるのが難しい場合」や「長く続けたけど効果が出ない場合」は、視力回復のトレーニング機器を利用することをおすすめします。

子どものモチベーションを保つことは非常に大変ですが、視力が悪いと、勉強やスポーツの成長スピードや吸収力が変わってきます。

子どもの将来を見据えた上で、視力低下が改善できるよう積極的に取り組んでいきましょう。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較