乱視

ここでは、乱視の種類や原因、改善するための方法についてご紹介しています。

原因から知ろう!そもそも乱視とは?

乱視のイメージ図
画像引用元:メガネ・ポータル公式サイト(http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/lens/eyesandlens2.html)

乱視は、角膜や水晶体が歪むことで、ピントがどこにも合わなくなっている状態です。網膜にピントが合っていないので、二重に見えたり、ブレて見えたり、ぼやけて見えます。眼精疲労の原因にもなるのだそう。

そんな乱視には、先天性のものと、後天性のものがあります。

先天性の乱視は、生まれた時からの眼球の形により、屈折異常で引き起こされるものです。

後天性の乱視は、目を細めて遠くのものを見ようとして眼圧が高くなり、角膜が変形することや、ドライアイで傷がつくなどの要因で起こります。悪化させないためにも、眼精疲労によるドライアイを防ぎ、目を細める癖はやめるよう心がけましょう。

乱視を引き起こしてしまう原因を詳しく紹介

後天的に乱視を引き起こす原因について軽く紹介しましたが、実際に日常生活でやってしまいがちな行動や眼科疾患も同様に乱視の原因に挙げられます。ここでは具体的にどのような行動や目の状態が、乱視につながるのかより詳しく見ていきましょう。

1.目を細める

ものが見えづらい時に人は目を細めて、より見やすくしようとします。するとそれが眼球を圧迫してしまい、角膜を変形・ゆがめるのです。また、こうした目への疲労が周りの外眼筋などを緊張させることになります。

この筋肉の緊張が目を変形させて、結果角膜を変形させることにつながります。そのようなサイクルが悪循環になり乱視を発症・重症化することになります。

2.逆さまつげ

逆さまつげは生まれつきのものです。このまつげの向きが眼球の角膜を傷つけるリスクを持ち、角膜炎などの眼科疾患に起因することがあります。

一方で「逆さまつげの人は将来、乱視になる」といわれていますが、明確な根拠は立証されていません。逆さまつげの人すべてが乱視になるわけではないので、まずは眼科で相談して自分の状態を正しく把握することが大事です。

3.眼科疾患

円錐角膜や角膜炎の眼科疾患が主な原因になり、角膜の表面が不自然にゆがむ不正乱視を引き起こすことがあります。こちらは軽度であればコンタクトレンズによる矯正、重度の場合では角膜移植などの外科手術が必要になる場合があります。

あなたは大丈夫?超簡単セルフ乱視検査

次の画像は眼科の乱視検査で用いられる乱視表です。この画像を見て、どのように見えるかであなたが乱視かどうかわかります。乱視の症状を発症している人がどう見えているのかも参考画像として添付していますので、ぜひ参考にしてみてください。

乱視テスト

引用:乱視の見え方はつらい!! | さくら眼科 院長&スタッフblog

こちらの画像を見てください。

全方向に等間隔で同じ太さ・長さの線が放射状にのびているのが確認出来たら正常に見えている証拠です。

逆に次のように見える、同じではないけど似たように映る、という方は乱視を発症している可能性があります。

直乱視

引用:乱視の見え方はつらい!! | さくら眼科 院長&スタッフblog

こちらの図のように縦に太い線がのびているように見える人は、縦方向に角膜がゆがんでいる直乱視である可能性が高いです。

倒乱視、斜乱視

引用:乱視の見え方はつらい!! | さくら眼科 院長&スタッフblog

この図のように左右に太い線がのびているように見える場合は、角膜が横方向にゆがんだ倒乱視や斜めにゆがんだ斜乱視の可能性があります。

上記のパターン以外にも線が等間隔に見えない、線の長さ・太さにばらつきがあると感じる場合は、角膜が何らかの形でゆがんでしまっている場合が考えられます。こちらも乱視の原因になるので、正常に見えないと感じた場合は眼科の専門医に相談してみましょう。

乱視を改善する方法は?

乱視の矯正法は、角膜の表面の形状により、正乱視と不正乱視の2種類に分かれます。正乱視は矯正できますが、不正乱視の矯正は難しいようです。

今回は、正乱視にフォーカスして改善方法をご紹介します。

正乱視には、見え方によって異なる3種類の呼び方があります。上下方向につぶれるようにゆがんだ直乱視、横方向にゆがんだ倒乱視、斜めにゆがんだ斜乱視です。

直乱視・倒乱視・斜乱視の症状

・直乱視:乱視を患った人のおよそ9割を占める症状です。直乱視の場合、通常よりも角膜が上下から圧迫されているので、視界の縦方向への湾曲が強くなります。

そのためものの見え方が、ぼんやりと上下にかすみ横方向は幅広く見えるのが特徴です。

・倒乱視:図で見ると水平方向に線が濃く見える状態が倒乱視の特徴です。乱視角度が90°、70~90°、90°~110°の範囲にかけて症状が出るものを含みます。こちらは直乱視と比較すると罹患率が低いとされています。角膜が横方向に屈折しているので、日常生活においては天井が低く感じる、床が近く感じる、といった弊害があります。

・斜乱視:3種類の正乱視の中でも最もたちが悪いのが倒乱視で、ストレスなど日常生活への支障が特に大きいといわれています。

また、極度の眼精疲労から頭痛肩こりをはじめとしてさまざまなトラブルに起因するので、早期の解消が必要です。

これらの乱視は、血流を良くすることで改善につながります。そこで、正乱視の改善が期待できるトレーニング方法をご紹介します。

直乱視の改善が期待できるトレーニング

目を左右に動かすことで、縦方向の歪みを改善するための方法です。

目を大きく見開いた状態で、右を20秒見てから左を20秒見ます。これを1セットとして、1日3セットを目安に続けてみてください。

倒乱視の改善が期待できるトレーニング

目を上下に動かすことで、横方向の歪みを改善するための方法です。

目を大きく見開き、上を20秒見てから下を20秒見ます。これを1セットとして、1日3セットを目安に行いましょう。

マジカルアイ(立体視)

3Dに見える専用の絵をぼーっと眺めるトレーニング方法・マジカルアイもおすすめです。目の周りの筋肉がリラックスするため、乱視による眼精疲労を緩和することができます。

専用の絵を、顔から30cmほど離したところに置き、絵に焦点を合わせず、視野を広げるようにして見てださい。1~3ヶ月続けると、効果が実感できるようです。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較