弱視

弱視とは、裸眼の状態で視力が0.1以下のことをいいます。

ただし、コンタクトレンズや眼鏡で矯正した場合に、最大視力が0.1以上であれば弱視とは呼びません。

つまりコンタクトレンズや眼鏡を付けていても、視力が0.1以下の状態のことを弱視というのです、ここでは、弱視の主な症状や原因をさぐりながら、弱視の治療方法についてご紹介します。

眼球と空

弱視の原因

子どもの弱視

発達途中に起こる視力障害を弱視といいます。私たち人間は生まれてすぐはぼんやりとしか物を見ることができません。

次第に脳が刺激されてものを見られるようになってから、8歳くらいまでに視力が完成すると考えられています。

しかしこの期間に何らかの原因で視力が正常に発達せずに、眼鏡をかけても視力が得られない状態を弱視と呼びます。弱視になる原因は、斜視や遠視である可能性が最も高いといわれています。

斜視

左右の目が同じ方向を向いていない状態を斜視といいます。斜視になると物を立体的にみられずに、二重にぼやけて見えるようになります。

斜視は先天性のものと後天性のものに分かれます。先天性の斜視は、生まれつきまたは生まれて間もないころに斜視になることをいいます。

目の筋肉や神経の異常、遠視などあらゆることが原因で先天性の斜視になることが考えられています。

先天性の斜視は、放置することで弱視になる恐れがあるので、斜視が分かった時点治療をする必要があります。

一方、後天性の斜視の場合は、脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈瘤といった脳に関する病気や筋肉の炎症が原因の可能性も高いため、いち早く病院に行く必要があるでしょう。

斜視の治療法は、症状や年齢によって異なりますが、手術によって目の筋肉を調整し、治療用メガネを使う場合もあります。

遠視

私たちはものを見る際に、よりはっきりと見るためにも、目の筋肉を使いながらピントを合わせて調整します。遠視の場合は、目のピントを合わせようと強い調整を行わないとものを見ることができません。

この強い調整のおかげで、目が見えていると勘違いし遠視であることが発覚するまで時間がかかることもあるのです。

遠視の状態で生活を続けていると、脳から刺激を送って物見る力が発達しないため、結果的に弱視を引き起こす可能性もあります。

弱視だけじゃなく、強い調整を繰り返すことで内斜視になる恐れもあるため、早めの治療が必要になります。

遠視の疑いがある場合は、目薬によって遠視を引き出して、眼鏡を使いながら治療することもあります。

弱視の種類

弱視には様々な種類があることをご存知でしょうか。ここでは、弱視の種類についてお伝えしたいと思います。

斜視弱視

斜視の人が、斜視眼を使わずに片方の目で物を見ようとしすぎてしまい、視力が低下することで引き起こる弱視を斜視弱視といいます。

微小斜視弱視

斜視は、左右の目の角度が違うことをいいますが、この角度が小さい場合は微小斜視といい、微小斜視が原因で弱視になることを微小斜視弱視と呼びます。

不同視弱視

不同視弱視は、左右の屈折度数に差があることから屈折度数の大きい目にはピントが合わず、ピントが合わない目に対して不同視弱視が起こります。

屈折異常性弱視

両目に遠視や乱視がある場合、目のピントが合わない状態で生活することになることから、いつまでも目の視力が成長しないこと屈折異常性弱視といいます。

弱視の治療法

目のクローズアップ

弱視は、弱視が発生した年齢、原因、種類によって治療法が異なります。

ただし、屈折異常がみられる場合は、どのような弱視でも眼鏡を使った治療を行うことになります。

視力が発達するように、眼鏡をかけながら、ものを見る際にピントを合わせる訓練をするのです。眼鏡をかけずに治療したいと考える方もいるでしょうが、眼鏡をかけた上でものを見なければ視力がよくなりません。

子どもの場合は視力の発達が盛んな8歳までに正常な視力に戻すことが大切なのです。眼鏡を使って治療する際に気を付けなければならないのが、眼鏡がずれないようにすることです。

せっかく眼鏡をかけていても眼鏡がずれた状態でものを見続けても、効果が期待できない可能性があります。

また、子どもの場合は成長に合わせて屈折度数が変わってきますので、定期的に眼鏡の調整をすることが大切です。

一度しっかり治療を行い視力が安定してしまえば、弱視が戻ることはありませんので安心してください。

眼鏡による治療でも効果がみられない場合は、斜視訓練と呼ばれる片目でものをみる治療を同時に行っていきます。

視力が良い方の目を合いパッチで隠して、視力が悪い方の目でしっかりとものを見る訓練をします。

弱視かもしれないと思ったときはすぐに眼科へ

弱視の疑いがある場合は、いち早く眼科に行くことが大切です。子どもの場合は、早い段階で治療するほど、視力の回復が望めることでしょう。以下のチェック項目にひとつでも当てはまる場合は、弱視の可能性が考えられますので、すぐに眼科に行き相談してください。

  • 目を細める
  • 首を曲げながらものを見る
  • 目の大きさが異なる
  • 光を浴びると極端にまぶしいという
  • 話をしているときに目の焦点が合っていない
  • 片目を隠すと嫌がる
  • 目が揺れる
  • 黒目がにごっている
  • 片方の目の位置がずれているようにみえる
  • まぶたが下がっている
  • すぐ転んだり、ぶつかったりする
  • 目の前のおもちゃなどを掴み損ねることが多い
  • 塗り絵やお絵かきなど、近くで見て行う作業をすぐやめてしまう
  • 注意してもテレビを近くで見たがる

また乳幼児のころから、両目のまぶたが同じように開いていない場合や、片目まぶただけ少し下がっている状態が続いているようだと、片目の視力が十分に発達しない可能性が高いです。

放置していると弱視になることが考えられるため、必ず眼科に行きましょう。

大人の弱視は病気の可能性が高い

大人になってから視力が著しく低下するケースや、これまで使っていた眼鏡やコンタクトでものが見えなくなった場合は、弱視の疑いがあります。

大人の弱視は病気が原因であることがほとんどですので、放置していると失明する恐れもあります。ここで、弱視と関係している目の病気をお伝えしましょう。

緑内障

片目ずつ発症するのが特徴で、神経の障害により視野がどんどん狭くなる病気です。

糖尿病性網膜症

糖尿病が原因で起こる病気です。目の中の網膜が傷つき視力が低下します。

網膜色素変性症

網膜に異常がみられる病気です。原因は遺伝であるといわれています。視力低下やどんどん視野が狭くなる病気です。

加齢黄斑変性

その名のとおり、加齢が原因で網膜にある黄斑に異常がみられる病気のことをいいます。

網膜剥離

眼球の網膜が剥がれることで視力が低下する病気です。黄斑まで剥がれると、一気に視力が低下して、最終的に失明する場合もあります。

網膜剥離は、加齢や事故により眼球に大きなダメージが与えられることが考えられます。糖尿病性網膜症を発症してから引き起こすケースも考えられる病気です。

まとめ

弱視は幼少期に起こりやすい病気です。早い段階で適切な治療を行えば、問題なく視力が発達すると考えてよいでしょう。

ただし、成長期を過ぎてから治療を行うことになった場合は、治療の難易度も上がるため、弱視を早い段階で見つけることが非常に重要になることを覚えておいてくださいね。

また、大人の弱視は大きな病気が原因である可能性が高いため、視力が低下した際はすぐに眼科で検査するようにしましょう。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較