HOME » 目の悩みを改善するなら?症状別に方法をチェック!

目の悩みを改善するなら?症状別に方法をチェック!

こちらでは、目の悩みを改善するための方法を、症状別にご紹介しています。

気になる目の症状!その原因や改善方法とは?

近視

遠くにピントが合わず、ぼやけて見えてしまうのが近視です。実は、遺伝的要因よりも、生活習慣や環境が原因である場合が多いといわれています。何よりもまず、近視になりやすい生活習慣を見直すことが大切です。眼筋のコリをほぐして鍛える、おすすめの近視改善トレーニングもまとめています。

遠視

「遠くのものがよく見える」というイメージのある遠視ですが、遠くを見る時も、近くを見る時も、ピントの調整が上手にできていない状態です。遠視は、視神経が発達段階にある子どもにもよく見られますが、目の機能を鍛えるトレーニングで改善が期待できます。

乱視

角膜や水晶体が歪んで、ものが2重に見えたり、ぼやけて見えたりする乱視。先天性のものと、後天性のものがあるといわれています。乱視を改善するためにおすすめできるトレーニングがありますが、乱視の見え方によって異なりますので、ご注意ください。

老眼

近くのものに焦点が合いづらくなる老眼は、目の老化によって、誰にでも起こる症状です。しかし、ピントを合わせる働きのある毛様体筋を鍛えることで、老眼の進行抑制や予防ができます。目の筋力低下を防いで、老眼を予防・改善するための眼筋トレーニング方法をチェックしてみましょう。

不同視

右目と左目の視力差が大きく、「がちゃ目」とも呼ばれる不同視。その原因や症状についてまとめました。また、不同視を予防・改善するために、生活習慣の見直しや、両目をバランス良く使うトレーニングをおすすめしています。

眼精疲労

目を休めても疲れがしぶとく続いてしまう眼精疲労。症状が悪化すると、心身に様々な悪影響を及ぼすこともあり、早めに対処する必要があります。眼球トレーニングや、目のツボ押しマッサージなど、眼精疲労の改善が見込める方法をわかりやすくまとめました。

ドライアイ

涙の量が減って目が乾いてしまうドライアイは「マイボーム腺」と言われる部分の異常が、主な原因だといわれています。マイボーム腺が機能不全になる原因や、ドライアイを引き起こすメカニズムをまとめました。また、ドライアイを改善するにはどうしたら良いのか、おすすめの方法を紹介しています。

子どもの視力低下

子どもの視力低下で多い症状として、近視、仮性近視、遠視について解説しています。そのまま放置しておくと、症状が固定化されて視力回復しにくくなるため、早めに気づいて対処しましょう。目の機能が成長過程にある子どもは、目の機能を高めるトレーニングをすることで、視力回復が見込めます。

目の疾患

目の疾患として代表的なものに「緑内障」と「白内障」があります。危険度はどちらが高いのでしょうか。疾患名が似ているので、同じような症状が起こるものだと思っている人も多いようです。この機会に、ぜひチェックしてみてください。

また、視力低下や目の不調の原因が、何らかの疾患である場合もありますので、少しでも異変を感じたら、早めに眼科を受診することをおすすめします。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較