HOME » 目をよくしたい人必見!視力回復の新常識ニュース » トレーニングや手術で老眼の視力回復をする方法

トレーニングや手術で老眼の視力回復をする方法

「レーシック手術は老眼には意味がない」といわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか。通常のレーシック手術は、老眼を進行させるリスクがあり年齢制限が設けられています。40歳以上の人は、レーシック手術が可能か十分な検査が必要です。

では、老眼の視力回復にはどんな方法があるのでしょうか。新たに登場した老眼向けのレーシック手術の内容とともに、目のスクワットといわれる老眼向けのトレーニングについてご紹介します。

そもそも老眼はどうして起こるの?

加齢とともに視力は変化し、45歳くらいを境に低下する傾向にあります。屈折力の矯正を正確に行った場合、50歳くらいまでは20代と視力に大差はありません。50歳をこえると加齢とともに視力が低下していき、80歳になると20代の40%ほどになるという研究データが報告されています。

疾患以外の老眼の原因は、眼球自体の光透過率が低下することや、老人性縮瞳によって網膜照度が低下する光学的なものです。また、網膜以降の中枢系の機能が低下することも要因となっています。

参考:NHK放送技術研究:所高齢者の視覚機能(PDF)

通常のレーシック手術が老眼に適さないのはなぜ?

医療機関で推奨されているレーシック手術の上限年齢は60歳半ばですが、実際には40歳を上限とするクリニックも。レーシック手術をすることによって、老眼の症状を進行されてしまう可能性があるため適さないといわれています。ただし、手術前に十分な検査を行い問題ないと診断されれば、40歳以上でも通常のレーシック手術を受けることが可能です。

また、60歳を過ぎると白内障を発症するリスクがあり、レーシック手術をした角膜は正確な計測が難しい場合も。レーシック手術後に白内障の手術を受けると思うような視力を得られないことが考えられます。白内障の治療でも視力矯正ができるので、60歳以上の場合レーシックが推奨されないのです。

老眼向けの新しいレーシック手術「リーディングアイ・プラス」

老眼向けの新たなレーシック手術として登場したのが、「リーディングアイ・プラス」です。まず、レーシックに使用されるフェムトセカンドレーザーで角膜にフラップを作ります。次に、コンタクトレンズよりも小さい「カムラインレー」という黒いリングを挿入します。最後にフラップを元に戻して点眼をすれば終了です。必要があればエキシマレーザーの照射によるレーシック治療をプラスします。

カムラインレーは小さな穴が真ん中に開いていて、ピンホール効果によって近くのものが見えるようになる仕組みです。老眼は水晶体の弾力性が弱く焦点を合わせるのができなくなりますが、カムラインレーのピンホール効果によってピントが合った正体に近づきます。リーディングアイ・プラスは数分程度でできる老眼手術です。40歳以上で、白内障や緑内障などの疾患がなければ手術を受けられます。

老眼向けトレーニング

老眼向けの視力回復で手術は受けたくないという人にはトレーニングがおすすめです。目の筋肉を伸縮させることで鍛えていきます。近くと遠くを交互に見る動きで、こわばった毛様体筋をほぐすトレーニングです。

目を上下左右に動かす筋肉群は毛様体筋と連動しているので、スマホのような近くにある画面に焦点を合わせて凝視した状態が続くと緊張が起こります。目の血流が悪くなり、体液の循環も弱まるので栄養が届きにくくなってしまうのです。

老眼向けトレーニング方法

  1. 顔から30〜40cmくらい離して親指を立てて、目のピントを爪に合わせます
  2. 窓の外の景色など遠くにあるものに目のピントを合わせます
  3. 近くと遠くを見る動きを5分くらい繰り返します

老眼と上手に付き合い快適な人生を

今回はトレーニングや手術で老眼の視力回復をする方法を紹介しました。老眼だからと言って、諦める必要はありません。トレーニングや手術を行い、上手に老眼と付き合って、豊かで快適な人生を歩んでくださいね。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較