HOME » 目をよくしたい人必見!視力回復の新常識ニュース » 視力が回復すると噂のコンタクトって?

視力が回復すると噂のコンタクトって?

噂のナイトレンズ、オルソケラトロジーとはどのような近視療法なのかを紹介します。

どうして効果が期待できる?オルソケラトロジーとは

コンタクトイメージ

最近の近視療法として、就寝時に装着しておくだけで視力回復が望める「オルソケラトロジー」という特殊なハードコンタクトレンズがあります。オルソケラトロジーは、自分の角膜の形状に合わせて作る精密なナイトコンタクト。寝ている間に角膜表面を凹レンズ型に矯正することで、その凹レンズ形状が残っている日中は裸眼視力が維持できるというものです。

視力が回復すれば日中は裸眼で過ごせるようになり、装着を止めれば元の状態に戻すこともできます。レーシックなどの視力矯正手術と比較して、合併症や副作用といったリスクが少ないのも利点です。使い方は普通のハードコンタクトと同様ですが、就寝前に装着して、朝起きたら外します。

オルソケラトロジーは、軽度の近視を対象としているため、矯正できる度数には限界があり、強度の近視・乱視の人には向きません。また、重度のドライアイやアレルギーがある人は使用できない可能性も。主な使用条件として、ハードコンタクトレンズの装着ができること、目に疾患がないことなどがあります。

≪費用について≫

検査・診察費用、レンズ代金、レンズケア用品代金など、実際にかかる費用総額の目安は、両目治療の場合、15万~40万円程度です。健康保険適応外なので、全額自己負担になります。

≪どんな人に向いているか?≫

  • 軽度~中度の近視の人
  • 軽い乱視のある人
  • 角膜が柔軟で形状が変わりやすい子供

オルソケラトロジー使用者の口コミ

  • ハードコンタクトは初めてだったので、目がゴロゴロして痛くてつらかったです。でも装着して3日目の朝に、明らかに裸眼視力が良くなっているのを実感。使い始めて2週間ほど経つと、夜まで視力が残るようになってきました。(30代男性)
  • ハードコンタクトが苦手だったため、慣れるまではかなり不快感がありました。朝起きると視界がとてもクリアになっているのですが、昼頃からだんだん視力がもとに戻ってしまいます。(女性)
視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較