HOME » 目をよくしたい人必見!視力回復の新常識ニュース » 眼鏡の活用方法~自分にあったメガネをかける~

眼鏡の活用方法~自分にあったメガネをかける~

眼鏡選びはとても重要

もし、視力が落ちてメガネをかけることになったのなら、眼鏡はデザインだけではなく、機能面についても考える必要があります。自分にあっていない眼鏡の場合、視力はさらに落ちてしまいます。

視力を低下させる眼鏡の特徴

視力低下の原因となる眼鏡は、自分の度数にあっていないものです。また、日常生活において眼鏡を1つだけにし、眼鏡を使い分けしていないというのも実は視力低下の要因となっていることをご存知でしょうか?

日常生活において、人は焦点の合わせる場所がそれぞれ異なります。例えば、運転などの移動をする時は遠くを見て行動しますし、仕事や読書などをする時は近くのものを見ます。この時、使用している度数が同じだと、目に負担がかかりやすくなってしまいます。その結果、目の筋肉が疲労し、視力低下につながってしまうのです。

理想としては、用途に合わせて眼鏡を使い分けることが重要であり、使い分けることで視力の低下を防げます。

用途に応じて使い分ける

眼鏡を正しく使うには、日常において使い分ける必要があります。よって、眼鏡屋で眼鏡を作る時は店員さんに使用用途を説明し、それにあった眼鏡を作ってもらいましょう。複数作る分確かに金銭的な負担はありますが、使い分けることで視力の低下や目の負担を大幅に減らすことができます。

また、裸眼で見えるようであればメガネを外したほうが目にかかる負担は減らせます。

正しい使い方で目の負担を減らしましょう。

疲れ目改善はブルーライトメガネ

パソコンやスマートフォンの光は目に強い刺激を与え、脳にも影響を与えてしまいます。その結果、不眠症などのリスクが発生します。なので、寝る前にベッドでスマートフォンを見ることはあまりおすすめしません。

ブルーライトによる負担を減らしたいのであれば、ブルーライトメガネを使用しましょう。ブルーライトメガネとは、パソコンやスマートフォンの光から目を保護する効果のある眼鏡であり、眼鏡屋ではオプションで選べます。種類によって光のカット率が異なるため、店員さんと相談して自分にあったものを選びましょう。

視力回復トレーニングができるピンホールメガネ

ピンホールメガネは、視力回復トレーニングを行える眼鏡です。しかし、一体どういう理屈で視力の回復が行えるかご存知でしょうか。

ピンホールメガネをかけることで目の筋肉を休ませることができ、眼精疲労を改善できます。さらに目の筋肉のトレーニングを行うことで、休めた筋肉を鍛えることもできます。

筋肉には適度な休息とトレーニングの両方が必要であり、常に酷使して鍛えている状態ではかえって逆効果になってしまうのです。そのため、目の筋肉をバランス良く休めて鍛えることができるピンホールメガネは、目の疲れによる視力低下を改善できるのです。

ピンホールメガネの効果には個人差がある

ピンホールメガネの注意点としては、軽度の近視であれば比較的楽に改善できるものの、重度の場合は改善が難しく個人差があるということです。よって、ピンホールメガネを使えばすぐに視力を改善できるというわけではありません。より確実に視力回復を行うためには、やはり眼科医のアドバイスを受けたほうが良いといえます。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較