HOME » 目をよくしたい人必見!視力回復の新常識ニュース » 「過矯正」ってなに?眼鏡とコンタクトの正しい使い方

「過矯正」ってなに?眼鏡とコンタクトの正しい使い方

眼鏡・コンタクトレンズの過矯正について、その影響などをまとめました。また、目の矯正器具の正しい選び方・使い方も紹介しています。

過矯正とは?意外と多い過矯正になっている人

眼鏡とコンタクト

過矯正とは、近視の矯正レンズの度数が強すぎるために、遠視の状態になってしまうことです。「目が疲れる」「近くを見るとピントがぼやける」のは、もしかしたら、合わない眼鏡やコンタクトを使っていることが原因かもしれません。

眼鏡・コンタクト使用者のうち、およそ8割の人が過矯正の状態に陥っているのだそうです。過矯正の人が増えてしまうのには、主に以下のような理由があります。

  • 加齢などにより近視が弱くなり、使っていたレンズの度数が強くなってしまう。
  • 購入者が希望するままに、遠視視力を過度に良くするものを眼鏡・コンタクト店が販売してしまう。

過矯正のメガネ・コンタクトを使い続けるとどんな影響がある?

そもそも、「遠くがはっきり見えるように」と作られた眼鏡やコンタクトは、近くのものを見るには適しておらず、近見作業によって目に負担をかけて疲労させてしまいます。過矯正の状態であれば、目への負担はなおさらです。

過矯正の眼鏡やコンタクトを使い続けていると、眼精疲労から、肩こりや頭痛をはじめとする様々な体調不良を誘発する原因になります。また、「毛様体筋」と呼ばれる目の筋肉が疲労して、ピントを調整する力が弱まってしまうことで、視力がさらに低下してしまう可能性まであるのです。

本来は目の機能を助けるための矯正道具ですが、自分の目の状態に合わないまま使っていると、かえって目の健康を損ねたり、体調不良の原因になったりするので気を付けましょう。

瞳の寿命を延ばす!目の矯正道具の正しい選び方・使い方

目の健康を守りながら視力を矯正するには、眼鏡やコンタクトを正しく選び、正しく使いましょう。眼鏡やコンタクトを作る際は、眼科で適切な検査を受けた上で、自分の目の状態に合った矯正度数にすることが大切です。また、1日のうちで最も視力が良いとされる午前中の視力を基準にし、矯正道具を使用する生活環境なども考慮すると良いでしょう。

眼鏡やコンタクトの使い方としては、1日中つけっぱなしにしないことが重要です。近くを見る用と遠くを見る用の眼鏡を使い分ける、必要な時以外は裸眼で見るなど、目への負担をできるだけ減らすようにしましょう。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較