HOME » 視力の雑学・お役立ち注目ニュース » 視力に遺伝は関係あるの?

視力に遺伝は関係あるの?

視力低下の原因は遺伝的なものも大きく関係していますが、親と子の生活環境が似ていることも大きく影響しているといえるでしょう。そのため両親の目が悪いからと言ってあきらめるのではなく、できる限り目が悪くならないように努力することが大切です。

その一つの方法としてトレーニングを行う方法が挙げられます。様々な種類がありますが、どれを選んだとしても継続して続けていくことが大切です。途中であきらめてしまうと将来は手術をしなければ回復しないというところまで及んでしまうので、子供のころから十分に気をつけるようにしましょう。

近視は遺伝される可能性が高い

DNA

視力低下の場合に考えられるもののひとつに近視が挙げられますが、どのようにして近視に陥るのかというと、何らかの原因によってピントが合っていない状態になることが挙げられます。そもそも眼球の中にはレンズの役割をする角膜や水晶体と呼ばれる部分と、フィルムの役割をする網膜と呼ばれる部分が存在しています。対象物との距離によって角膜や水晶体などのレンズが調節を行って、フィルムである網膜に映像を投影することでものを見ることができます。

しかし調節がうまく機能しない場合には網膜にうまく映像が届かなくなってしまうため、ぼやけて見えてしまいます。この原因としてレンズの調節力が弱すぎたり、強すぎたりすることが挙げられますが、このような近視を屈折性近視と呼んでいます。

一方で成長するにつれて眼も大きくなっていきますが、この成長段階でレンズの調節力以上に目が大きくなったりすると、フィルムにうまく映像が届かなくなり近視となることもあります。これを軸性近視と呼んでいますが、目の大きさに由来する軸性近視の場合には遺伝の関係性が高いと言われています。またこの軸性近視は眼鏡をはずすと生活できないほど強い近視となることが多く見られます。屈折性近視の場合にはそれほど強い度数になることはあまり見られず、近くのものを見ることが多くなる学生のころから症状が出始めるといわれています。

また視力の低下は生活環境によって大きく変わるといえますが、同じ生活を行う親と子供が同じように視力が低下してしまうことは大いに考えられるでしょう。テレビやゲーム、パソコンなどを長時間やり続けるうちに視力が下がってしまう例が多く見られますが、このような生活習慣が親子の間で共通していることもよくあることです。つまり子供の視力が親と同じように悪くなったからといって遺伝が原因なのではなく、親子の生活習慣が出ていることが原因の可能性もかなりあるということです。

両親の視力が悪い場合にできること

視力の低下は遺伝的な要因があるともいわれていますが、環境的な要因でも大きく変わることがわかります。両親の視力が悪いからと諦めるのではなく、視力が悪くならないような生活習慣を意識して日々の生活に取り入れるようにしましょう。目を酷使する生活を続ければそれだけ目に負担がかかることになるので、これが目の視力を下げる要因となるので注意が必要です。

具体的な対策としては対象物を近づけすぎない、暗い所では読書や勉強などの作業はしないことなどがあげられます。小さいころから部屋を明るくして本を読むときには目から遠ざけて読むことを徹底し、またしっかりと背筋を伸ばしていれば本を読むときにも自然と対象物との距離が生まれるので、きれいな姿勢を心掛けることも非常に大切なことです。しかしこれは口うるさく伝えるのではなく、親自身も姿勢を正して日々生活するように努力を行いましょう。

親の立場としてできることとして、暗くなったらすぐに電気をつけるなどの環境の調節を行うことが挙げられますが、それだけではなく気をつけたいことが電気をつけた時の明るさです。実は読書や勉強をするにも細かい作業を行うにも、それに適した明るさというものが存在しています。適した明るさの環境のもと読書や勉強を行えば対象物が見やすくなり、ピント調節に携わる目の負担が減るということになります。子供の視力低下を防ぐだけでなく、目の疲れも防ぐことができます。

作業に適した明るさとしては一般的なリビングでは200から500ルクス、学習や読書するのであれば500から1000ルクスが理想的だと言われています。さらにビーズや裁縫などの細かい作業を行う場合には1000ルクス以上の明るさが必要となります。近年では簡単に明るさをセルフチェックすることができる照度計なども販売されているので、理想的な明るさになっているかどうかをこのようなものを使って確認してみるのもよいでしょう。

視力回復トレーニングは無駄ではない

目のイメージ

日々の生活の中で姿勢を正しくすることを意識したり、正しい明るさで読書や勉強することは非常に大切ですが、もしも視力の低下が感じられたり目の疲れが気になるようであれば、視力回復トレーニングを行う方法も一つの手段といえます。

視力回復トレーニングとは視力低下の原因にもなっている目の筋肉の緊張状態を改善して、目の運動不足を解消することで視力回復を行うための方法といえば分かりやすいでしょう。視力回復トレーニングは目の筋肉の疲れなどが原因で視力低下の兆候が見られる子供には非常に効果が期待できます。ゲームなどをたくさんして目を酷使している子供に、視力低下の予防として視力回復トレーニングを行っている家庭も多く見られます。

視力回復トレーニングにはさまざまな種類がありますが、その中でも主に三つの方法が行われています。一つ目が遠近トレーニングと呼ばれる方法で、これは近くのものと遠くのものを交互に見る視力回復トレーニングです。自宅でも簡単にお金をかけずに行うことができますが、親が先生代わりになって教えなければならず長続きしないこともあります。

二つ目は眼筋トレーニングと呼ばれる方法で、これは目の内眼筋と呼ばれる部分と外眼筋と呼ばれる部分を鍛えることで焦点が合いにくくなってきた目の筋肉をほぐし、目のピント調節機能を鍛える方法です。三つ目が明暗トレーニングと呼ばれる方法で、目の前を明るくしたり暗くしたりを繰り返すことによって、目の筋肉を鍛えるトレーニング方法です。

これらの方法は取り組み始めたけれども結局続けることができずに効果を得られなかったという人も多く見られます。何事にも言えることですが、視力回復トレーニングは続けることが大切です。

本当に視力が悪くなってしまい視力回復手術を受ける大人も増えてきていますが、手術は少なからずリスクを伴うので、できる限り手術を受けずに済むように視力が低下することを抑えていきたいところです。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較