回数制限に関して

こちらでは、レーシックを受けられる回数や条件、再手術以外の方法について解説しています。

再手術はできる?レーシックの回数制限や条件

回数制限イメージ

レーシックを受けても思った以上に視力が回復しなかった場合や、術後にまた視力が低下してしまった場合には、再手術を希望することができます。

ただし、再手術を受けるためには、一定以上の角膜の厚さが残っていることが最低条件です。角膜の厚さが十分に残っていれば再手術は可能ですが、角膜への負担や後遺症・合併症のリスクを考慮すると、レーシックは2回までが限界といわれています。

近視戻り(レーシック手術後にまた視力が下がること)で再手術を受けても、なお近視戻りしてしまう人もいるようです。レーシック後はコンタクトレンズの装着ができないため、こうなると打つ手はありません。それ以降は「眼鏡をかける」という選択肢しかないのです。

術後に視力が下がる「近視戻り」とは?

近視の進行は、一般的に25歳位で止まるといわれています。そのため、25歳以下の人は、レーシック手術後も近視が進行する可能性があるのです。25歳以上の人でも、術前の目の状態や術後の生活習慣などによって、術後しばらくするとまた視力が下がってしまう場合もあります。

視力の低下が起こりやすいのは、手術前に強度の近視や乱視だった人や、仕事で「見ること」に集中せざるを得ない人、日常的にパソコンやテレビの画面を長時間見ている人です。

近視戻りはレーシック手術後1年以内に起こることが多く、1年以上経過しても異変を感じないのであれば、視力が安定したと捉えて良いでしょう。

再手術以外の方法で視力回復?

レーシックのリスクや不安を回避して、より高い安全性を重視するなら、再手術以外の方法も検討してみましょう。

手術をしない視力回復を目指すなら、目の筋肉トレーニングがおすすめ。視力低下の原因の1つとされているのが、目のピントを調節している「毛様体筋」と呼ばれる筋肉のコリや衰えです。この毛様体筋のコリをほぐして、目の筋肉を鍛えると、視力回復や眼精疲労の改善が見込めます

筋肉トレーニングの他にも、目のマッサージや、食生活の改善、ピンホールメガネといった道具を使った方法もありますよ。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較