Zレーシック

Zレーシックの特徴や費用の相場、手術を受けた人の口コミなどを紹介しています。

Zレーシックとはどんな手術?

Zレーシックは、アイレーシックと同様に、レーザーによるフラップ(角膜の表面にふた状の切れ込みを入れる)作成と視力矯正を、患者さんの目の状態に合わせてカスタマイズして行う術式です。

アイレーシックと異なるのは、フラップを作成する際に使用する機器。アイレーシックがイントラレースFSレーザーを使用するのに対して、Zレーシックは「FEMTO LDV」と呼ばれる次世代機器を使ってフラップを作成します。

コンピューター制御によって、正確でキレイなフラップを作れるイントラレースFSレーザーですが、レーザーを照射する際のエネルギーが高いため、周辺組織への影響が不安視されていました。そこで研究開発されたのが、照射エネルギーが低く、周辺組織への影響が少ない「FEMTO LDV」です。

「FEMTO LDV」は照射時間も短く、イントラレースFSレーザー使用時よりも術後の炎症が少ないといわれています。コンピューター制御によるレーザー照射なので、正確で安全性が高いのも特徴です。

Zレーシックのデメリットとして挙げられるのは、強度の近視であったり、角膜が極端に薄かったりすると、適応できない場合があること。従来のレーシックよりも安全性が高いとはいえ、合併症のリスクがあることも知っておいてください。

費用の相場は?

費用の相場は、およそ20万~40万円。カスタマイズレーシックということで、通常のレーシックよりも高額になります。

どんな人に向いているか?

  • 軽度~中等度の近視・乱視・遠視の人
  • より安全性の高いレーシックを受けたい人
  • 視力回復はもちろん、見え方の質も重視したい人

Zレーシックを受けた人の口コミ

男性の画像手術中は痛みもなく、すぐに終わりました。翌日まで目にちょっとした違和感がありましたが、それ以外は特に問題なかったです。眼鏡やコンタクトを使っていた時のストレスがなくなり、すごく快適に過ごせています。もっと早く受ければよかったと思いました。

女性の画像手術を受け、両目とも視力が1.5に回復したので、満足しています。裸眼での生活は快適で、起床時から就寝時まで、良く見える目です。ただ、手術当日は目の痛みと違和感がありました。その後、ドライアイの症状も…。

 

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較