ラゼック

ラゼックの特徴やレーシックとの違い、手術を受けた人の口コミなどを紹介しています。

ラゼックとはどんな手術?レーシックとの違いは?

ラゼックは、レーシックと同様に、角膜にエキシマレーザーを照射して視力矯正する手術です。しかし、前処理において、レーシックとは大きく異なる点があります。

レーシックが角膜を切開してフラップ(角膜の表面を切り、ふた状にする)を作成するのに対して、ラゼックはアルコール溶液で角膜上皮をふやかして持ち上げるのです。フラップよりも薄い膜が作れるため、レーシックが受けられなかった角膜が薄い人や、強度近視の人も受けられる手術になります。

通常のフラップを作成せず、角膜強度を保てるのもラゼックの特徴です。手術後、目に強い衝撃を受けてフラップがズレるという心配はいりません。そのため、格闘技や球技などのスポーツをする人でも受けられます。

手術の流れとしては、点眼麻酔後にアルコールで角膜の表面をふやかしてから、柔らかくなった角膜上皮をめくってレーザーを照射し、視力を矯正していきます。角膜上皮を元に戻して消毒した後、保護用のコンタクトレンズを装着して完了です。

ただし、アルコールの使用によって角膜や結膜に障害が起こる可能性があります。「術後の目の痛みがつらい」との口コミもよく見受けられますので、納得がいくまで担当医と話し合ってから、手術に臨みましょう。

費用の相場は?

ラゼックの費用相場は、20万~40万円前後です。一般的に、スタンダードなレーシックよりも高額になります。

どんな人に向いてる?

  • 近視度数に対して角膜が薄く、レーシックが受けられない人
  • 目に強い衝撃を受ける可能性のあるスポーツをしている人

ラゼックを受けた人の口コミ

女性の画像乱視が強すぎてレーシックには向かないと言われ、ラゼックを受けることにしました。術後すぐは沁みるような痛みがひどく、その夜は睡眠薬を飲まないと眠れないほどつらかったです。しばらくはドライアイもひどくて、目薬をこまめに使っていました。ドライアイが治まってからは、裸眼の生活にも慣れて、快適に過ごせています。

男性の画像レーシックの適応検査の結果、受けられないと分かり、代替案としてラゼックを紹介されました。説明を受けて、ラゼックを受けましたが、術後の痛みを甘くみていました。痛み止めの点眼薬を使わなければ歩くこともできないほどで、翌日までベッドで目を閉じたまま過ごすことに…。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較