イントラレーシック

イントラレーシックの特徴や手術方法、受けた人の口コミなどを紹介しています。

イントラレーシックとはどんな手術?

スタンダードなレーシックよりも、最近では主流の術式になりつつあるイントラレーシック。従来のレーシックとの大きな違いは、前処理としてフラップ(角膜の表面を薄く切り取り、ふたのような状態にする)を作成する際に使う機器の違いです。

レーシックが「マイクロケラトーム」と呼ばれる金属製カンナ(メスの一種)を使用するのに対して、イントラレーシックは「イントラレースFSレーザー」というレーザー機器を使い、フラップを作成します。

使用するイントラレースFSレーザーは、コンピューターで制御されています。そのため、医師の技量はそれほど関係なく、レーシックよりも正確にフラップを作成できるのが特徴です。

イントラレースFSレーザーを使って作ったフラップは、厚みが均一で切開面が滑らかなので、術後のフラップのズレやしわなどが起こりにくいのだそう。

このことから、イントラレーシックは、レーシックよりも安全かつ矯正精度が高いといわれています。

フラップを薄く作れるのも、イントラレーシックの特徴です。レーシックでは手術ができないと診断された人でも、手術を受けられる可能性があります。

ただし、イントラレーシックの術後は、光に対して過敏になりやすい傾向があるようです。

費用の相場は?

一般的な相場は、20万~30万円前後。スタンダードなレーシックよりも、少し高めに設定されていることが多いようです。

どんな人に向いてる?

  • 軽度~中等度の近視の人
  • 通常のレーシックより安全性の高い手術を受けたい人

イントラレーシックを受けた人の口コミ

男性の画像レーシックに不安や半信半疑なところもあり、なかなか覚悟ができませんでしたが、思い切ってイントラレーシックを受けることにしました。手術を受けて本当に良かったです!手術による痛みや不快感などはなく、想像していたよりも手軽に受けられました。視力も1.0以上回復して、快適に過ごせています。

女性の画像ドライアイとアレルギーでコンタクトレンズは合わないし、眼鏡の生活も不便だったため、数年前にイントラレーシックを受けました。手術中は全く痛くありませんでしたが、術後から翌朝まで目の痛みがあってつらかったです。その後、ハロやグレアの症状も出ました。目に良くない生活習慣のせいか、最近ではまた視力が落ち始めています…。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較