フェイキックIOL/ICL

フェイキックIOL/ICLとはどんな手術?

フェイキックIOL(有水晶体眼内コンタクトレンズ)や、ICL(移植型眼内コンタクトレンズ)は、レーシックとは大きく異なり、高精度の小さなレンズを直接眼の中に移植することで、視力を矯正する術式です。

眼内に入れたレンズは、感染症などのトラブルが起きた時に取り除くことも可能ですが、通常であれば半永久的に入れておけるので「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

フェイキックIOLやICLは、レーシックのように角膜を削ることがないので、レーシックが受けられない人でも視力矯正できるのが特徴です。

患者さん1人ひとりの目の状態に合ったレンズを作成するため、オーダーしてから手術まで数週間~1か月ほどかかります。手術にかかる時間は、片目につき10~20分程度です。

ただ、眼内コンタクトレンズは比較的新しい技術であるため、長期的なリスクについてまだ不明瞭な部分があります。執刀できる医師も、非常に少ないのが現状です。メスを使う手術なので、合併症のリスクがあることや、水晶体との接触で白内障を誘発する可能性があることを理解しておいてください。

フェイキックIOLやICLは、あくまでも、レーシックを受けられなかった人の最後の手段として選ばれることが多いようです。

費用の相場は?

一般的な相場は、40万~80万円前後。様々な視力矯正手術の中でも、特に高額な術式です。

どんな人に向いてる?

  • 強度の近視、乱視、遠視の人
  • レーシックやラゼックが受けられなかった人

フェイキックIOL/ICLを受けた人の口コミ

男性の画像レーシックの代替案として、フェイキックIOLを提案してもらいました。眼にレンズを埋め込んでいるのですが、異物感は全くないです。視力回復できたことで、趣味のゴルフも、より楽しめるようになりました。費用も手間もかかる手術ですが、受けて良かったと思っています。

女性の画像度数に対する角膜の厚みの問題で、レーシックはできないと言われショックでしたが、フェイキックIOLの詳しい説明を聞いて、こちらを受けることにしました。両目2.0の視力を得ることができたので、本当に良かったのですが、決して安い手術ではありませんでした…。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較