HOME » 手術する視力回復「レーシック」とは? » レーシックの手術法は多くある?種類別にくわしく解説

レーシックの手術法は多くある?種類別にくわしく解説

こちらでは、レーシックの種類や、各術式の特徴・口コミなどをまとめています。

レーシックにはどんな種類があるの?

一般的に「レーシック」と呼ばれている視力矯正治療には、さまざまな種類があります。

最もスタンダードなレーシックとして知られているのは、マイクロケラトーム(メスの一種)を使用してフラップ(角膜の表面のふた)を作成した後、エキシマレーザーを照射して視力矯正する術式です。

この従来のレーシックから発展して、最近では「フラップを作成する機器の違い」「フラップ作成の有無」「エキシマレーザー使用の有無」によって、複数の術式を使い分けています。

そこで、代表的なレーシックの種類と、それぞれの特徴や口コミなどをまとめてみました。どんな人に向いている術式なのかも調べていますので、ぜひ参考にしてみてください。

イントラレーシック

フラップを作成する際に使用する機器が、従来のレーシックとは違うのがイントラレーシック。

使用する「イントラレースFSレーザー」が、コンピューター制御によるレーザー照射なので、正確かつキレイにフラップ作成できるのが特徴です。イントラレーシックは、従来のレーシックよりも安全性が高いとして、最近では主流の術式になりつつあります。

フラップを薄く均一な厚みで作れるというメリットがある反面、術後は、光に対して過敏になりやすいという傾向があるようです。イントラレーシックは、軽度~中等度の近視の人に向いています。

手術を受けた人の口コミ
「レーシックに不安や半信半疑なところもあり、なかなか覚悟ができませんでしたが、思い切ってイントラレーシックを受けることにしました。手術を受けて……」

イントラレーシックを詳しく知りたい方はこちら>>

アイレーシック

患者さん専用のレーザー照射プログラムを作成し、イントラレーシックをカスタマイズして行うのがアイレーシック。

事前に角膜の厚さや形状などを精密に検査することで、患者さん1人ひとりの目の状態に合わせたオーダーメイドのレーシック治療が可能になります。

アイレーシックは視力を回復するだけでなく、見え方がクリアであることが特徴。ただ、一度で角膜を削る量が多くなるため、再手術は受けられない可能性があります。

見え方の質にこだわる人や、夜間の視力も重視している人におすすめです。

手術を受けた人の口コミ
「アイレーシックで視力が劇的に良くなり、視界も本当にクリアで驚きました。ただ、手術を受けて……」

アイレーシックを詳しく知りたい方はこちら>>

ラゼック

ラゼックは、アルコール溶液を使って、角膜上皮をふやかしてから持ち上げる術式です。

レーシックと異なり、角膜を切開してフラップを作ることはありません。フラップよりも薄い膜が作れるため、レーシック不可と言われた角膜が薄い人や強度近視の人に向いています。

角膜を切開しないため、目に強い衝撃を受ける可能性のあるスポーツ選手でも手術可能です。

しかし、術後に目の痛みがあることや、アルコール使用による角膜や結膜への影響といったリスクもあります。そのため、手術後しばらくは、保護用のコンタクトレンズを装着しなければなりません。

手術を受けた人の口コミ
「レーシックの適応検査の結果、受けられないと分かり、代替案としてラゼックを紹介されました。説明を受けて、ラゼックを受けましたが……」

ラゼックを詳しく知りたい方はこちら>>

フェイキックIOL/ICL

レーザー照射によるレーシックとは異なり、フェイキックIOL(有水晶体眼内コンタクトレンズ)やICL(移植型眼内コンタクトレンズ)は、高精度のレンズを眼内に挿入することで、視力を矯正する術式です。

患者さん1人ひとりの目の状態に合わせて、レンズを作成します。強度の近視でレーシック適応不可だった人でも受けられるのが特徴です。

ただし、数ある視力矯正手術の中でも、特に費用が高額で、長期的リスクについての症例が少ないのが難点。フェイキックIOL/ICLは、レーシックを受けられない人の最後の手段として考えられているようです。

手術を受けた人の口コミ
「度数に対する角膜の厚みの問題で、レーシックは不可と言われショックでしたが、フェイキックIOLの詳しい説明を聞いて、こちらを受けることに……」

フェイキックIOL/ICLを詳しく知りたい方はこちら>>

Zレーシック

アイレーシックと同様に、レーザー照射によるフラップ作成と視力矯正を、患者さん1人ひとりの目の状態に合わせてカスタマイズして行うZレーシック。

イントラレーシックやアイレーシックで使われるイントラレースFSレーザーは、照射エネルギーが高いのに対して、Zレーシックで使用される「FEMTO LDV」は照射エネルギーが低く、目の周辺組織への影響が少ないとされています。

視力だけでなく見え方の質にもこだわりたい人や、軽度~中等度の近視の人などに向いている術式です。

手術を受けた人の口コミ
「手術中は痛みもなく、すぐに終わりました。翌日まで目にちょっと異物感がありましたが、それ以外は特に問題なかったです。眼鏡やコンタクトを使っていた時のストレスがなくなり……」

Zレーシックを詳しく知りたい方はこちら>>

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較