HOME » 手術する視力回復「レーシック」とは? » 対象年齢と受けられる人

対象年齢と受けられる人

レーシックの対象年齢・受けられる人の条件や、レーシックを避けるべき職業についてまとめています。

レーシック手術が受けられる年齢は?

対象年齢イメージ

レーシックの手術には年齢制限があり、ほとんどのクリニックでは18歳以上または20歳以上を対象としています。なぜ年齢制限があるかというと、眼の成長が止まる前にレーシックを受けても、また視力低下してしまう可能性があるからです。一般的に、近視の進行は、25歳位で止まるとされています。

また、レーシック手術が受けられる年齢に上限を設けているクリニックもあります。クリニックによって異なりますが、老眼や白内障の進行を考慮する必要のある、50~60歳を上限としていることが多いようです。老眼や白内障による視力低下は、レーシックでの改善が期待できないとされています。

レーシックを受けられる?受けられない?早見表

レーシックの手術を受けられる人と受けられない人、その条件を比較してまとめてみました。

【レーシックを受けられる人】

  • 18歳以上(未成年は親の同意が必要)
  • 角膜の厚みが十分あり、術後も一定以上の厚みを残せる
  • 軽度~中等度の近視・乱視・遠視
  • 角膜の形状が正常
  • 眼の疾患がない
  • 妊娠中・授乳中でない
  • 傷の治癒に影響する疾患(重度の糖尿病やアトピー性皮膚炎など)がない

【レーシックを受けられない人】

  • 18歳未満
  • 角膜が薄い
  • 高度の近視・乱視・遠視
  • 角膜の形状に異常がある
  • 白内障や緑内障など、眼疾患がある
  • 妊娠中・授乳中である
  • 傷の治癒に影響する疾患(重度の糖尿病やアトピー性皮膚炎など)がある

レーシックを避けるべき職業の人とは?

レーシックの手術を受けると、就けなくなる職業もあります。その代表はパイロットです。日本では現在のところ、レーシックによって得た視力では適正条件を満たさないとして、パイロットのライセンスを取ることができません。

また、事故などで水没することもある競艇選手や、眼に衝撃を受ける危険のあるプロボクサー・プロレスラー・格闘技選手なども、レーシック手術を受けることができません。

上記に当てはまる職業の人や、これらの職業を目指す人は、レーシック以外で視力回復する方法を検討することをおすすめします。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較