HOME » 手術する視力回復「レーシック」とは? » レーシック以外の手術はあるの?

レーシック以外の手術はあるの?

PRK手術や角膜内リングといった、レーシック以外の代表的な視力矯正手術について紹介しています。

レーシック登場以前の視力回復手術とは?

PK手術

レーシック以外のイメージPK手術は、最も古くから行われている近視矯正手術で、40年近い実績があります。その方法は、角膜に切り込みを入れることで、屈折度を矯正して視力を回復させるというもの。

しかしメスを使う手術なので、医師の技術や経験によって精度に差が出てしまうほか、角膜・眼球が弱くなる、感染症や潰瘍、後遺症のリスクがあります。そのため現在では、PK手術を行っているクリニックはほとんどありません。

PRK手術

「レーザー屈折矯正角膜切開術」とも呼ばれており、レーシックが登場するまでは、視力矯正手術といえば、このPRK手術が主流でした。PRK手術は、レーシックでも使用しているエキシマレーザーで、視力矯正を行います。

しかし、レーシックと大きく異なるのは、フラップ(角膜の表面を切り取ったふたのようなもの)を作成せずに、レーザーで角膜を取り除くことです。

PRK手術の問題点としては、術後に痛みや違和感が出やすいことや、回復までにかかる時間が長いことなどがあります。

費用はどのくらい?

約25万~40万円

どんな人に向いてる?

角膜の薄さや強度近視などで、レーシックが受けられない人

レーシックの進化による視力矯正治療

ウェーブフロントレーシック

「ウェーブフロントアナライザー」という最先端機器を使って、患者さん1人ひとりの角膜のカーブ具合や微細な不正乱視などをデータ化して治療する方法です。

細かいズレまで取り除くことができるため、ぼやけたり、にじんだりすることがありません。オーダーメイドのレーザー照射プログラムを作成・実行することで、通常のレーシックよりも高いレベルの視力矯正効果が得られます。

しかし、オーダーメイドの視力矯正手術のため、費用は比較的高額になります。

費用はどのくらい?

約30万~40万円

どんな人に向いてる?

視力回復だけでなく、見え方の質にもこだわりたい人

エピレーシック

エピレーシックは、レーシックと同様、角膜にエキシマレーザーを照射することで視力を矯正する手術です。通常のレーシックと異なる部分は、従来のレーシックで使うマイクロケラトームではなく「エピケラトーム」という医療器具を使用すること。

エピケラトームを使用することで、極めて薄いケラップを切り取ることができ、角膜強度が保てるのが大きな特徴です。比較的新しい技術なので、実施できるクリニックは限られています。

費用はどのくらい?

約25万~40万円

どんな人に向いてる?

近視度数に対して角膜が薄く、レーシック適応不可だった人
目に強い衝撃を受ける可能性のあるスポーツをしている人

円錐角膜を治療したい人向けの手術

角膜内リング

角膜周辺部に特殊なリングを挿入することで、角膜の形状を矯正する角膜内リング。円錐角膜(角膜が薄くなり黒目の中心部が突出する病気)の治療に使われています。

角膜内リングは、症状の進行を遅らせたり、視力を回復させるための手段として非常に有効です。ただし、3~6ヵ月ほどかけてじっくりと改善されていきますので、治療の効果をすぐに実感することはできません。

費用はどのくらい?

約50万~90万円

どんな人に向いてる?

進行性の円錐角膜を治療したい人
コンタクトレンズや眼鏡では視力が十分でない円錐角膜の人

角膜クロスリンキング

ビタミンB2の点眼薬と、医療用紫外線の照射をすることで、角膜に含まれる実質コラーゲン繊維の強度を高める治療法。視力回復というよりも、円錐角膜や角膜拡張症の進行を遅らせるために使用されるものです。

角膜コロスリンキングは、角膜内リングと併用することで、より高い効果が期待できます。

費用はどのくらい?

約20万円~30万円

どんな人に向いてる?

円錐角膜または角膜拡張症(エクタジア)と診断された人

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較