流れ(回数や期間)

アイトレを受ける回数・期間や使用手順、視力維持のコツについてまとめています。

どのくらいの回数・期間通えばいいの?

アイトレ流れ

アイトレは、最初の1か月は週1回のペースで通い、その後は視力維持のために月1回程度で続けると良いそうです。視力の改善・維持が期待できる回数として、まずは5回以上続けてみることをおすすめします。初めのうちは短期間で数回使用して、徐々に回数を減らしていきましょう。

アイトレは、1回30分ほどの使用で、初回から視界がリフレッシュされたのを実感できる人が多いとか。実際に、アイトレ使用者の9割以上が結果に満足しているという調査報告もあります。

ただし、トレーニングの結果や持続性には個人差がありますし、一度だけの使用で永続的に視力が良くなるわけではありません。視力を維持するには、継続的な眼筋トレーニングとケアが重要なので、定期的に通うのが理想です。

アイトレの使用手順

アイトレは、眼筋のコリや衰えに着目して開発された、ヘッドフォン型の機器です。特殊な低周波をあてることで、眼のピント調節を行う筋肉のコリをほぐしたり、鍛えたりしていきます。使い方はとても簡単で、痛みなども全くありません。

  1. ヘッドセットが当たるこめかみの辺りに、専用ジェルを塗ります。
  2. 髪の毛を挟まないようにしながら、ヘッドセットを装着。
  3. ヘッドセットを、気持ち良いと感じる位置・振動の強さに調整します。
  4. あとは30分程度、楽な姿勢でリラックスしながら施術を受けるだけです。

目の周りの筋肉をマッサージしているかのような心地よい刺激で、心身ともにリラックスできます。アイトレ終了後は、ダウンタイムや副作用なども一切なく、普段通りに過ごせます。

視力維持に「アイトレ」が良い理由とは?

アイトレの魅力は、安全かつ簡単な眼筋トレーニングによって、着実に視力回復をサポートしてくれることです。コンタクトレンズやレーシックとは違って、眼への負担が一切ないため、安全な方法で視力回復したいという人に向いています。視力回復手術と比べて費用もお手頃なので、定期的・継続的に施術が受けやすいのも利点です。

視力維持のためには、アイトレによる眼筋トレーニングに加えて、自宅でのアフタートレーニングもおすすめ。自宅でできる眼筋トレーニングやマッサージ、生活習慣や食生活の見直しなども大切です。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較