メリット・デメリット

目の健康をサポートする「アイトレ」のメリットとデメリットをまとめてみました。

アイトレのメリット・デメリットは?

アイトレメリット・デメリット

≪アイトレのメリット≫

  • 近視・乱視・老眼・眼精疲労の改善効果が期待できる
  • 安全な施術で、痛みや副作用の心配がない
  • 角膜を一切傷つけず、眼への負担が全くない
  • 使用時間が30分程度で、いつでも気軽に受けられる
  • 10歳~上限なしで、基本的に誰でも使用可能
  • 目の疲れからくる体の不調(肩こり・頭痛など)の改善にも効果が期待できる
  • レーシックを受けられない強度の近視・乱視の人も受けられる
  • 目に強い衝撃を受ける可能性のあるスポーツをしている人もOK
  • レーシック後に視力が低下した人、再手術できない人も使用可能
  • コンタクトの装着も問題なし(レーシック後は不可)

≪アイトレのデメリット≫

  • 結果には個人差があり、1回だけの施術で永続的に視力が良くなるわけではない

安全・着実に目の健康を考えたい人に

アイトレにはほとんどデメリットはなく、安全かつ着実に目の健康をサポートしてくれます。実際に、アイトレを使用している人の90%以上が、視力の変化を実感しているそうです。レーシックと比較しても、幅広い年代・条件の人が使用可能で、痛みや合併症といったリスクもないので安心して受けられます。

眼筋のコリや衰えによる視力低下を根本から改善するには、眼筋のトレーニングがとても大切です。レーシック手術を受けても、眼筋のコリや衰えによって、また視力が低下してしまう人も多いとか。しかも、残存角膜の状態によっては、再手術は不可能な場合もあります。

眼筋のトレーニングとは言っても、アイトレを使用すれば、誰でも簡単に眼筋のコリをほぐしたり鍛えたりできます。専用のヘッドセットを装着して、30分ほど楽な姿勢でリラックスしながら過ごすだけ。特殊な低周波によって、安全かつ手軽に眼の筋肉をトレーニングできます。

また、アイトレの施術は1回7,000~10,000円と低価格で、自信があるからこそできる返金保証制度があるのも魅力です。初回のトレーニングで結果が出なかった場合は全額返金してもらえるので、本当に効果があるのか1度試してみたいという方も気軽に体験できます。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較