HOME » 【最新】手術不要の視力回復「アイトレ」とは? » アイトレで改善できる症状

アイトレで改善できる症状

疲れ目は万病の元

疲れ目というのは、ただ単に目が疲れてしまうだけではありません。誇張なしに万病の元であり、体に様々な不調をもたらすのです。

例えば、うつ病です。疲れ目は、放置することで回復が難しい眼精疲労となり、眼精疲労による自律神経の乱れで体に様々な不調をもたらし、そのストレスでうつになるというケースは決して珍しくありません。事実、うつ病の患者が眼科で受診することは多く、その殆どがドライアイや眼精疲労だとされています。

うつ病でなくても、目の筋肉を酷使することで他の連動している筋肉に影響が生じ、頭痛や肩こりなどがおきます。

このことからわかるように、疲れ目というのは決して放置し続けていい状態ではないのです。

アイトレで疲れ目解消

疲れ目とは、目を酷使することによる筋肉の疲労によって発生します。筋肉が疲労し、硬直することによって目の付近は血の巡りが悪くなり、疲れ目や視力低下を引き起こしてしまうのです。アイトレは、こういった筋肉の疲れをマッサージによって緩和し、血の巡りを改善するのです。

しかし、肩や腰と違い、目の付近のマッサージというのは少々難しく、自分で行なおうとしても満足行く効果が得られにくいのです。そこで役立つのがアイトレです。アイトレによって適切なマッサージを目の筋肉に対して行なうことができるため、パソコンやテレビのみすぎで酷使してしまった目の疲労を和らげることができるのです。

この現代社会において、目を酷使しない生活というのは難しくなっています。そして、腕や足の筋肉とは違い、マッサージも難しく、常に使い続けることで筋肉痛なども感じにくい目の筋肉は、オーバーワークによって弱っていく一方です。そんな目のケアに、アイトレは役立ちます。視力回復のみならず、疲れ目にも効果があるため、目のケアをしたい人は是非お試しください。

注意事項としては、アイトレの効果や目の疲労の原因・度合いは人によって異なるため、感じる効果には個人差があるということです。あまりにも症状がひどい場合は眼科への相談や、アイトレ以外の目のケアを併用してみましょう。

使用した人の体験談

アイトレを、疲れ目改善に使用した人の声を紹介します。

頭痛が消えた(30代男性・事務職)

仕事柄パソコンとにらめっこしなければならないため、いつも目がショボショボし、たまに頭痛がするほど忙しくなる時があります。そんな時に馴染みのマッサージ屋でアイトレの話を聞き、マッサージと一緒に頼んでみました。「目もこっていたんだな」というのがわかりました。いつも以上に頭がスッキリし、体の疲れがなくなった気がします。

目のショボショボがなくなりました(20代女性・書店員)

目を酷使したせいか、目の周りの筋肉が痙攣し、目薬をささなければ目が乾いているように感じるほどショボショボしている毎日でした。アイトレの話を聞き、話の種に試すことに。結論からいえば、かなり良かったです。目を優しくマッサージしているような感じであり、最初は不安だったのですが実に気持ちよく、目の筋肉がリラックスできました。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較