HOME » 【最新】手術不要の視力回復「アイトレ」とは? » アイトレで改善できる症状

アイトレで改善できる症状

疲れ目は万病の元

疲れ目というのは、ただ単に目が疲れてしまうだけではありません。誇張なしに万病の元であり、体に様々な不調をもたらすのです。

例えば、うつ病です。疲れ目は、放置することで回復が難しい眼精疲労となり、眼精疲労ストレスが原因で自律神経を乱し、体に様々な不調をもたらします。その結果、うつになるというケースは決して珍しくありません。

うつ病でなくても、目の筋肉を酷使することで他の連動している筋肉に影響が生じ、頭痛や肩こりなどがおきます。

このことからわかるように、疲れ目というのは決して放置し続けていい状態ではないのです。

アイトレで疲れ目解消

疲れ目は、目を酷使することによる目の筋肉の疲労でおこります。目の筋肉が疲労し、硬直することで目の付近は血の巡りが悪くなり、疲れ目や視力低下を引き起こしてしまうのです。

こうした目の筋肉の疲れをとるには、マッサージなどをおこない血の巡りを改善する必要があります。

しかし、肩や腰と違い、目の周りのマッサージは少々難しく、自分で行おうとしても満足いく効果が得られにくいです。

そこで役立つのがアイトレです。アイトレで目の筋肉の適切なマッサージを行えば、パソコンやテレビのみすぎなどで酷使してしまった目の疲れを効果的に和らげることができます。

この現代社会において、目を酷使しない生活というのは正直容易ではありません。そして、腕や足の筋肉と違い目の筋肉はマッサージが難しいことや、他の部位と同じような筋肉痛を感じることがないことから、オーバーワークによって負担を与えがちです。そんな目のケアには、アイトレが活躍します。

アイトレは“視力回復のみならず疲れ目にも効果がある”ので、目の疲れによる自律神経の乱れや様々な不調を改善したい人にもとてもおすすめです。しっかりと目をケアしたい方は、是非アイトレをお試しください。

注意事項としては、アイトレの効果には個人差があるということです。また目に関する症状があまりにもひどい場合は、ただの眼精疲労と自己判断するのではなく、きちんと眼科で相談することが大事です。

使用した人の体験談

アイトレを疲れ目改善に使用した人の声を紹介します。

頭痛が消えた(30代男性・事務職)

仕事柄パソコンとにらめっこしなければならないため、頭痛が出るときは、目のショボショボ感がなかなかとれず悩まされます。

そんな時に馴染みのマッサージ屋でアイトレの話を聞き、マッサージと一緒に頼んでみました。

「目もこっていたんだな」というのがわかりました。

いつも以上に頭がスッキリして、体の疲れがなくなった気がします。

目のショボショボ感がなくなりました(20代女性・書店員)

目を酷使したせいか、目の周りの筋肉が痙攣し、目薬をささなければ目が乾いているように感じるほどショボショボしている毎日でした。アイトレの話を聞き、話の種にしようと早速試してみたんです。

結論からいえば、かなり良かったです。目を優しくマッサージしているような感じがあり、最初は不安でしたが実に気持ち良く、目の筋肉をリラックスさせることができました。

視力回復できるおすすめの方法はこの2つ!「アイトレ」と「レーシック」を徹底比較