現代人は視力が低下しやすい?その原因とは

視力低下の原因として、主に次のものが挙げられます。

  • 生活習慣
  • ドライアイ
  • 老化
  • 遺伝

視力低下を招くこれらの原因について詳しく見ていきましょう。

生活習慣

朝はテレビを見て、仕事中はパソコンを使い、休憩時間にはスマートフォンで遊び、家についたらゲームをするというように、私たちは昔に比べて目を酷使するようになりました。いわゆるVDT症候群です。その結果、目の疲れを招き視力低下を引き起こしやすくなっています。

他にも、見る時の姿勢によっても目に影響が及びます。頬杖をついたり寝転びながらスマートフォンを見たりすることで左右の目に差を与えてしまい、視力の違いが生じてしまいます。その結果、視力はさらに悪くなってしまうのです。

老化

老化は目の水晶体に影響を与えます。水晶体はいわばレンズです。このレンズが厚くなったり薄くなったりすることでピントがあいモノを鮮明に見ることができます。

レンズと言っても硬いわけではなく、とても弾力性があります。そのため厚くしたり薄くしたりできるのです。

しかし、水晶体が老化するとその弾力性が次第に失われていきます。するとピントを上手くあわせることができなくなり、視力が低下してしまいます。

ドライアイ

ドライアイは涙やまばたきの減少によって引き起こされます。涙には目を乾燥や最近から守る作用があります。しかし瞬きの回数が減ると、涙が眼球に行き渡らなくなりドライアイになってしまいます。

他にも、レーシック手術の後遺症やシューグレン症候群などの病気によってもドライアイが引き起こされることがあります。“目が乾きやすい”、“瞬きの回数が少ない”と感じたら、目薬を差したり目を閉じて休ませたりするなどの対策が必要です。

遺伝

実は、近視になる原因は、医学的に詳しくわかっていません。しかし親が近視の場合、その子供も近視であることが多いことから、近視は遺伝すると考えられています。

遺伝と合わせて関係しているのではと言われているのが、眼軸の長さ(眼球の大きさ)です。生まれたての赤ちゃんの目は、大人に比べて眼軸が短いため、焦点が網膜の後方であい遠視になります。しかし、その遠視を防いで網膜に焦点をあわせるために、赤ちゃんの水晶体はとても屈折力が高くなっています。

そして、成長して眼軸が長くなるにつれて、焦点が前方にずれるため水晶体の屈折力は少しずつ弱くなります。この時に屈折力の調整が上手くいかなくなることで、近視になるのではと言われています。

視力低下改善の方法

視力低下の改善方法は、生活習慣の見直しや、眼科での相談が挙げられます。スマートフォンやテレビを見る時間を減らし、目のケアを行うことで機能改善を行ったり、目に異常がないか眼科で検査したりするだけでも視力低下を予防できます。

屈折異常が原因で視力が低下している場合は、眼科で点眼治療やワック治療、もしくは視力回復コンタクトを用いてのケアを行うことになります。

視力回復のために

現在では、低下した視力を回復させる方法はいくつか発見されています。

中でも有名なのが、レーシック手術です。レーシック手術は外科手術によって目の機能を回復させ、視力回復を行うという手段であり、多くの人が行っています。

手術が怖く、レーシックには不安があるというのであれば、視力回復トレーニング(アイトレ)による目の機能改善を行うという選択肢もあります。アイトレは、レーシックに比べれば若干知名度は低いですが手術をすることなく、自分の力で低下した視力を回復させるという方法であり、現在注目を集めています。

レーシックとアイトレ、この2つを比較した場合、どちらが良いのか。

それを、このサイトで紹介していきます。

 

視力回復方法を徹底比較!
「アイトレ」VS「レーシック」

どんなもの?

目の筋肉のコリをほぐす、筋トレマシン

目の筋肉を振動させることで、筋肉のコリをほぐし、視界がパッとリフレッシュできる、最新のトレーニングマシン。角膜に直接触れないため、目の負担や損傷が一切なく、安全で手軽にできるマシンとして注目されています。主にサロンやクリニックで受けられます。

レーザーで角膜を削る、視力矯正手術

角膜にレーザーを照射して削り、カーブを変え屈折力を調整することで、視力の調整をする外科手術。視力矯正手術として広く普及しており、使用する機器の違いによって、さまざまな種類の術式があります。主に専門のクリニック、眼科、大学病院で受けられます。

トータル費用

4万8千円~

※8回分の費用。初回は7,000円でお試しOK!

アイトレは回数券(8回分)を使用すれば、1回あたり約6,000円。まずは試してみたいという人は、初回7,000円で受けられます。

35万円~

※種類や保障年数によって異なる自由診療。

自由診療のため、クリニック、手術の種類、補償年数によって費用が異なります。

通う回数

8

トレーニングに必要な平均回数

最初の1か月は週1~2回のペースで通って、その後は目の健康の維持のために月1回程度通院するのが理想的です。まずは8回通うのを目安に続けてみるのがおすすめ。継続して目の筋肉をトレーニングすることで、視界のリフレッシュにつながります。

5

カウンセリング・手術・術後検診を含めた平均回数

事前のカウンセリングや適応検査から始まり、手術当日~術後の検診まで、5回以上通院する必要があります。
術後の検診は、手術翌日・1週間後・1か月後といった間隔で通院するのが一般的です。

通う期間

視力の改善・維持が期待できる平均期間

1回30分の使用で、初回から疲れ目がとれ、視界がリフレッシュしたと実感できる人も多いですが、目の健康維持のためには継続することが大切。最初の2か月後からは、月1回のペースで通うのがおすすめです。

1か月

12か月

手術から1年後に定期検査がある

レーシック手術の翌日や1週間後の術後検診だけでなく、1年後にも定期検診があります。その後も1年ごとに定期検査を受け、角膜に異常がないか診てもらうと安心。

対象年齢

10歳上限なし

子どもやご年配の方でもトレーニング可能

目の筋肉に働きかけるトレーニング機器なので、成長過程にある18歳以下の子どもも使用可能。対象年齢の上限はないので、年齢による目の健康を見直したい人にもオススメ。

18歳65歳

18歳未満、65歳以上は対象外

目が発達段階にある子どもは、レーシックの対象外となります。老眼や白内障の進行を考慮する必要がある65歳以上の方も、レーシックを受けられない場合があります。

対象者

  • 近視
  • 乱視
  • 遠視
  • 老眼
  • 眼精
    疲労
  • レーシック
    経験がある人

近視・遠視・乱視・目の疲れを改善したい人に

近視・乱視・老眼の度合いに関わらず、視力の悩みや目の疲れを見直したい人に向いています。長時間のパソコン作業やデスクワークをする人、自動車を長時間運転する人には特にオススメ。

  • 近視
  • 乱視
  • 遠視
  • 老眼
  • 眼精
    疲労
  • レーシック
    経験がある人

軽度~中等度の近視・遠視・乱視の人向き

レーシック手術は、軽度~中等度の近視・乱視・遠視の人に向いています。適応検査の結果、角膜の厚みが十分あり、角膜の形状不正や眼の疾患がない場合にのみ手術可能です。

受けられない人

  • 眼の疾患を抱えている人
  • 目の治療中、目の手術を受けた人 ※レーシックは除く
  • ペースメーカー・人工心肺・心電計を使用している人
  • 毛細血管拡張を起こしている人
  • 妊娠中・出産直後の人
  • 角膜が薄く、術後に一定以上の厚みを残せない人
  • 高度の近視・乱視・遠視の人
  • 角膜の形状に異常がある人
  • 白内障や緑内障など、眼の疾患がある人
  • 妊娠中または授乳中の人
  • パイロットやこれからパイロットを目指す人
  • 目に強い衝撃を受ける可能性があるスポーツ選手

メリット

  • 痛みや副作用の心配がない
  • 角膜を一切傷つけないため、眼への負担がない
  • 複合的な悩みにアプローチしてくれる
  • 短時間(10~15分程)の手術で視力矯正ができ、裸眼での生活が可能になる

デメリット

  • 結果には個人差があり、1回で永続的に視界が良くなるわけではない
  • 外科手術なので、合併症や後遺症のリスクを伴う
  • 術後、視力が回復しない、or術後にさらに視力低下する場合もある
  • 角膜を術後は、コンタクトレンズの装着ができない

口コミ

  • 月1回の使用で視力1.5をキープ!

    初回トレーニングで、視力が0.4から1.5に上がって驚きました。2回目は間を空けてしまったため施術前には0.9に落ちていましたが、3回目以降は視力が安定。今では月1回の使用で裸眼視力1.5をキープできています。

  • 初回から視界が
    一気にクリアになりました

    最初は半信半疑でしたが、初回の施術で変化を実感できました。裸眼時の視力は0.3から0.5、コンタクト装着時の視力は1.2から1.5にアップ!視界がくっきりとクリアになったので、続けていきたいです。

  • 数回のトレーニングで裸眼生活に!

    眼鏡生活にストレスを感じながらも、レーシック手術はハードルが高いし…と迷っていた時に、アイトレを知りました。かんたんなトレーニングを数回受けただけで視界がクリアに!裸眼生活を取り戻せて嬉しいです。

  • 手術は怖かったけど、
    受けて良かったです

    目の手術ということで不安や恐怖はありましたが、コンタクトレンズいらずの視力が手に入ったので、結果としては良かったです。ただ術後の痛みはかなり辛かったので、再手術を受けないよう、今の視力をキープしていきます。

  • 視力1.5にアップ!
    裸眼生活に満足しています

    術後しばらくは、ドライアイがひどくて点眼薬を使っていましたが、今では気にならなくなりました。手術から2年以上経った今でも、視力1.5をキープできています。裸眼で生活できるようになり、満足です。

  • 視力が0.3から最高0.8にアップ

    手術前に両目とも0.3だった視力が、レーシック後1か月の検診では左目0.5、右目0.8でした。あまり効果がなかったと感じていますが、担当医師からは、もう少し様子を見るように言われています。

特集

最新の目の筋力トレーニングマシン
「アイトレ」を体験!

ブルーベリーサプリ、ピンホールメガネ、立体視(3D)トレーニング、これまで色々試してみたけれど、どれもなかなか続かず…。手軽にできるアイトレを知り、本当に目の健康に良いのか、1か月間試してみることに。果たしてその結果は?

体験談を読む

レーシック手術を受けたことがある山田。手術から数年経って、また視力が悪くなってしまい、眼鏡生活を送ることに。そこで一実と一緒に1か月間、アイトレを使って目の筋肉トレーニング!レーシック経験がある人でも、アイトレは良いのでしょうか?

体験談を読む

視力の鍵を握っているのは、「目の筋肉」!いくら視力矯正のアイテムを使ったり、手術を受けたりしても、目の筋肉が凝り固まったり衰えたりすれば、またピントは合いづらくなってしまいます。本当に視力を良くしたいなら、目の筋肉トレーニングが必要なのです。

実践しよう!
視力が回復するオススメな方法

  • トレーニングをする

    目のコリをほぐして
    鍛えることで視力を回復させる

    目の筋力低下や眼筋のコリを改善するトレーニングによって、視力の回復効果が期待できます。誰でもカンタンにできる方法なので、ぜひトライしてみましょう!目のトレーニングはできるだけ毎日継続することが大切ですよ。

    トレーニングの種類

    • 眼球トレーニング
    • 遠近トレーニング
    • 虹彩トレーニング
    • 調節力トレーニング
    • まばたき回復法
    • など…
    詳細を見る
  • アイテムを使う

    視力改善をサポートしてくれる
    便利なツールを使う

    ピンホールメガネ、視力改善のアプリ、目薬…。アイテムを使った視力回復の方法をまとめました。視力回復を目的とした目薬の場合、使用上の注意が。どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

    アイテムの種類

    • ピンホールメガネ
    • 目薬
    • アプリやゲーム
    詳細を見る
  • 食べ物・サプリを摂取する

    目の健康をサポートする栄養素を
    食事やサプリで摂る

    視力回復を助ける栄養素と言えば、アントシアニンやDHAが有名ですよね。そのほかにも、目の健康をサポートしてくれる栄養素が沢山あるのです。目に良いとされる栄養素、その栄養素が豊富に含まれている食材をまとめました。

    栄養素たっぷりな食材

    • サプリ
    • ブルーベリー
    • 青魚
    • ほうれん草
    • など…
    詳細を見る
  • マッサージをする

    視力回復におすすめの
    ツボ押し・マッサージ

    「視力を良くするマッサージ」と聞くと、目周りのツボを押すイメージが出てきませんか?実は目以外にも、首や肩のツボを押すことで、視力回復の効果が期待できるのです。マッサージのポイントや、蒸しタオルを使った効果的な方法をご紹介。

    マッサージの種類

    • 目のツボ押し・マッサージ
    • 蒸しタオル
    • 首・背中のツボ押し
    詳細を見る